全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
観覧車効果終了
ま、冷静に考えて
観覧車があるから全部勝てる
ってわけではないですよねw

5月5日仙台
E8-15M

ということで
本格的に
2000年代初頭
いわゆる「00年代」テイストに
パリーグ全体染まってきましたね
みたいな試合。

打高投低
ってやつ。

こうゆうことの原因ってのは
特に深いものはなく
世代交代とか
そうゆうことの巡り合せなんでしょう。

いろいろグダグダしてましたが
ピンポイントで
敗因挙げると
8回表2死からの
根元のソロホームランですかね。

ミコライオが悪い
というよりは
根元が凄すぎた
と。

あそこでホームランは
全く想像つきませんでしたよ。

で松井裕史上最悪の6失点で
最終的には「ワンサイド」負け
だったわけですが
監督も言うように
防御率うなぎのぼりであっても
まあ「配置転換」は考えなくていいでしょう。
そんな日もあるさ、と。

自軍もこれまで盤石だった
相手の松永、益田、内を
ほぼ攻略したわけで
松井裕にその空気が伝染したのか
あきらかに「慎重」になってたように映りました。

打ち合いになると
さすがに上位チームの方が
よりたくさん打つなあ
と。

でも自軍もかなり打てるようになってる
ってところで重要なのはやはり守りなんですが
この試合に関してはやはり茂木に触れないわけにはいかない。

エラーはひとつもついてないんですけど、
「捕球」できてれば併殺
とか
「捕球」できてれば試合終了
ってところでことごとく
「強襲安打」を献上。
あと「お見合い」でポテンヒットも献上、
で全て「失点」に繋がってるわけです。

まあでも
古くは西武時代の中島とか
坂本とか
「ちゃんとした」
レギュラーショートへの道は厳しいので
いまは試練と考えるしかないでしょう。

あとはプロ野球ニュースで
8回裏松井稼の勝ち越しホームランの時
チーム全体無駄に喜び過ぎ
と前監督のデーブ氏が言ってて
スカパーの実況解説内藤氏も同様の懸念を
示してて、
それに関しては「正論」だと思いましたw

「1点のリード」
なんて
あってなきがごとし
ですよ。
そうゆう「トレンド」なんですよ。

だからといって
ビビッて投げていては
お話にならないんで
ブルペン陣は
常に「強気」の姿勢でお願いします。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック