全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
馬鹿ではいかんのか?みたいな。
そんなわけでツイッターやFBで
1987年にビックコミックスピリッツで
一瞬連載されあっという間に終わって
しかも「単行本化」されてない
赤瀬川原平監修
田中靖夫作画
の「馬鹿王」について
そこそこアツく語ったわけです。
これほんとに「幻」になってますからね。

赤瀬川氏は故人ですけど
とにかく
両氏の各種サイトを
あれこれ調べても
「馬鹿王」
完全に
無かったことになっているわけですよ。

私の記憶では
たとえば
「人権」とか「差別」とか
そうゆうデリケートな問題は
はらんでいない作品だったと思うわけです。

単純に
世の中には
「利口野郎」と
「馬鹿王」様配下のバカどもの
二種類の人間がいて
我々「馬鹿」は利口野郎に対抗していこう!
ってだけのことだったような。

わたしは普通に大喜びで
大喝采あげながら読んでましたよw

でこの前
矢口真理がらみの
「馬鹿礼讃」CMが放映中止になった件も
思い出しつつ
何を思うのかってえと
思想の左右
宗教のあれこれ
に関わらず
やっぱりその
「利口な構成員」を確保したい
ってのが強力にあるんだろうなあ、と。

やっぱその
「馬鹿」であること
に開き直られると
自民党も共産党も創価学会も
経団連も皆困るわけですよ。
組織が運営できませんからね。
あと近隣諸国も
日本国民が「馬鹿力」を発揮するよりは
小利口な感じでおさまってくれればラッキー!
みたいなのもあるでしょう。

やはりその
ある程度「意識高い」感じの人達を
適当にだまくらかして
組織運営を維持してゆく
ってゆうノウハウなわけです。

でそうゆう手法はもう通じないよ
ってことの
トランプ旋風なんでしょう。

私は
トランプ支持ではありませんが
とりあえず
「イデオロギー」
とは無縁の
無党派層として
好き勝手に生きてゆこう

それだけは強く思います。

誰の「指導」も受ける気ナシ!
みたいな。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック