全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
コンプライアンス前とコンプライアンス後 3
そんなわけで、
わたしの場合は
大学を卒業後に
「新卒」でパチンコホール業界に身を投じたのだが
当時としては「異例」なことであって
現場は圧倒的に高卒率高く、
あと「大学中退」的な
インテリヤクザな感じの人とか
とにもかくにも一筋縄ではいかない野郎共だらけ!
みたいなw

でその
「飲む打つ買うの三拍子!」
的な
豪快!
適当!
な人材に事欠かない。

コンプライアンス前期
においては
競馬がらみの
「現金」が
職場で飛び交いまくってた。

そんなことでは
職務に集中できまい
と考えた
「本社」は
まず
「職場に競馬新聞を持ち込むこと
競馬に関する会話をすること」
を「禁止」した。

今にして思えば
当然の措置だと思うんだけど
当時は「目上の人」の言うこと
をそうやすやすと聞き入れない
ってことが「かっこいい」と思われていたので
そう簡単には浸透せず
結局のところ
競馬がらみの個人間の金のやりとり
ってゆう
わかりやすいトラブルが表面化して
競馬のみならず
「借金」禁止
になったのである。

車とか住宅の「ローン」を除き。

なわけで、
大勢でパチンコを打ちにいく
という行動も急速に激減した。
従業員同士で。

それまでは
勝ってる者
に金を借りる
とか日常茶飯事だったんだけど
就業規則で
「禁止」
なので
無理だな、と。

あと「サラ金」系金融機関からは
金を借りません!
みたいな「誓約書」を書いたような。

当時は
なんてくだらない規則なんだ!
と心の中で叫んでたのだが
いまにして思えば
家計「無借金経営」になってるのは
それのおかげ
なのは間違いなく
なんとも複雑な心境である。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック