全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
コンプライアンスとは関係ない思い出話
ま、ちょっとここのところ
イーグルス関係がお留守になってますけど
見捨てたわけじゃないですよw
オールスターあったし、
その後もまた飛び飛びの日程だったりなので
そのうちまとめて。
あとはライブ頻度も高いうえに
スタジオリハもあり
ブルーベリーも始まるし
それと年金関係の諸手続きもあるし
と、
前職退職後
「もっともアツい夏」
となってまいりました
いろいろな意味でw

ということで
本日も
あまり複雑な思考回路を使わずに書ける
「パチンコ&パチスロのおもひで」。
今回はコンプライアンスとは
あまり関係ない話題。
いや関係あるかな?
ま、いいやどっちでもw

ホールには不審者、ゴト師、
様々な犯罪者集団が集まりがちでして
それはそれでやっかいなんですけど
個人的には「怒った普通のお客様」のほうが
いろいろ思い出に残ってますね。
で、怒りにまかせて
いわゆる「ハウスルール」に反する行為を
これみよがしにやる、と。
で店側の者としては
「ルール順守」をお願いにいく、と。
このループが場面的にはいちばん多かった。
「台をどつく」
「あからさまに掛け持ちをする」
ってゆうレベルの単純な行為。
「食事休憩札を置いて時間内に戻らない」
とか。
というか「食事休憩札」ってまだあるのかな?
あとは意外と酔っ払いにも苦労させられます。
負けがこんだ人が一旦外に出て
やけくそで飲んでまた打ちに来る!
みたいな。
それも「集団」だったりすると
「大声で唄わないでください」
とか
「通路で肩組んだりしないでください」
とか
言ったうえで
全員に「皆様お帰りください」
と宣告しなきゃいけない、と。

そんなわけで
メンタル弱いとホール勤務は無理なのですよ。
島本和彦先生風の
「これぞまさに逆境!」
という姿勢が必要なのです。

私も入社早々、まずは「研修」から
ホール現場に回ったんですけど
そりゃまあめんくらったのは確か。

ではそれをあっさり耐えたのは何故か?
ってのは
前にも書いたかもしれませんが
「怒ってつっかかってきたり
これみよがしのいやがらせをしてくる」
犯罪者ではないお客様
ってのは
落語の「熊さん八っつぁん」だと思うことにしたわけです。
お、きょうも落語が始まった!
みたいな。
で言葉づかいは間違わないようにして
「無謀をたしなめるご隠居」になりきる
みたいなw

それとあと
「映画」的視点で言うと
おれがもし監督だったら
この人キャスティングしてみたい
と思う
とかねw

けっこうキャラクターが立ってる人
多かったような。

現在のホールの状況はよくわかりませんけど、
私が入社した頃は
西部劇とか時代劇とか東映やくざ映画とかから
飛び出してきたかのような雰囲気の人だらけでしたw
「芸能人じゃなくて一般人なの?」みたいな。
ここにいないでいますぐ「オーディション」行けばいいのに
みたいなw

そう考えると「毎日が娯楽」
みたいなものです。
働いてる方も。

と、なつかしげに書いてはいますが
そこに戻りたいとは
全く思いませんw

当時ほどメンタル強くないんで。

お店いくなら
そりゃ「打つ側」ですよ。
ただそれもちょっとあまり自信ないっす。
「知識」がなかなかすんなり頭に入ってこないんでw
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック