全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
歌が出来るきっかけ
昨夜は八王子びー玉ライブ
皆様お疲れ様でした。

ってことで終演後は
ライブハウス談議とか
人のうわさとかで盛り上がったわけですが、
私の「女たちがおれのことをタガログ語でしゃべてる」
の件もちょっと出まして
一体どうゆうわけでそんな歌が出来たのか?
ってことなんですけど
確かに訊かれないとこうゆうことは
机やピアノに「意識」して向かって
曲を作るということがあまりない自分としては
ほとんど「無意識」だったわけですが
尋ねられて即座に回答したのは
外国人パブの肌が白い金髪の女性は
ルーマニアの人が多い
という「豆知識」がきっかけですね
でしたw

会社員時代
上司とのつきあいで
フィリピンパブとか外国人パブとか
ほんとうは行きたくもないのに
嫌々何度も行ったことがある私は
(信じる信じないはあなたの自由)
ある日「ロシアンパブ」に行って
事情通の上司の人が
「ロシアとかいって実はルーマニアなんどけどね」
と薀蓄をたれてくれて
なんでそんなこと知ってるんだろう
この人凄いなあ

思うと同時に自分は
それ以上深いことを知ろうとはしない
ことにしたのでしたw
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック