全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
生活が大変だあ!の企図するところ。
まあその、
我が国においては
「苦労話」の方が好まれるという傾向がある
というか
まあアメリカ大統領選でも
一時「インサイダーVSアウトサイダー」とか
言われていろいろ取沙汰されてたんで
全世界的な傾向なのかな。
「良心的徴兵拒否」の人よりは
普通に「従軍」した人のほうが
政治家としては大成しやすい
とか。
おまえ、みんなが血の涙を流してるときに
何逃げ回ってるの!?
みたいな感情は
そりゃもう防ぎようがないんでしょうね。

ということで
「若年層の貧困問題」に関する
NHKの番組作りが
嘘だったんじゃないか?
とゆう流れになってますけど
実際「嘘」だったとしても
べつに驚きません。

ほんとに「苦労」した人の
「苦労話」ってのは
自分の人生にとっても
なんらかの参考になるだろう
みたいな
それくらいの「一般的」な感覚は
わたしにも多少は残ってるんですけど
長年の経験により
「お涙頂戴」形式
には
ほんとに「嘘」が多い
ってのは
身体の底に染みついてるんで
今回のNHKに関しては
ああ、またいつものNHKだなあ
としか思いません。

佐村河内さんの番組を
「全力」で製作
してた
それがNHKですからね。
この事実は「確定」なわけです。

というかNHKと日テレの区別が
つかなくなってきてるんですけど
ってことに
若干の危惧を覚えるわけです。

全国民から
3千なんぼ
またはそれ以上の「受信料」を
取ろうと画策してるようですが
それならば
「それなり」のコンテンツを作れよ、と。

とりあえず「スポンサー様」は
気にしなくていいんですから
あとは
「芸能プロダクション」「芸能事務所」
とも
一切合財「等距離」外交で
やって欲しいです。
だってAKBとか吉本とか
民法でいくらでも見れるわけですから
NHKは胸をはってそれ以外のものをやればいいのです。
それが出来ないのであれば
「受信料」払う価値ないっすね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック