全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
映画という娯楽
前にも書いたけど
「学生」の頃は
映画館に少なく見積もっても
年間50回以上は行ってて
就職してから4年後くらいから
パタッと行かなくなり
で離職後しばらくして
ちょっと神経的に病んで
いわゆる「閉所恐怖症」的な感じだったんで
時間はあるんだけど
とても映画館に行く気はしない
心境だったのが
ここ1,2年改善されてきたので
最近はちょくちょく行ってる。

いまは昔よりも
「割引」制度がたくさんあるので
新作でも
シネコンで
昔の名画座並みの料金で見れるので助かる。

まあ「完全入れ替え制」ってのは
納得いかないですけどね。

以前は
「おおこの映画すげえ!!」
って思ったら
そのまま居続けて2度三度見るのも可能でしたもんね。

それとあと
「非常灯」が
消えるようになったのは
よかったと思いますよ。
やっぱり
映画は「暗闇」で見た方が栄えますからね。

ただ
床の豆電球
みたいなので
「非常時対策」を図ってるシネコンもあるんで
席は通路側じゃなくて
真ん中を選んだ方がいい場合もありますね。

いまでもよーく覚えてるんですけど
映画館とか劇場の
「非常灯常時点灯」という無粋な法律ができたとき
政治家は誰も騒いでなくて
ああこれが利権というものか
と。

ただ当時「野党」側だった
羽田孜氏が
「そんな野暮な法律は潰す」とか息巻いてて
なるほどいいこと言うじゃん!
って思ったんだけど
当時投票したかどうかは覚えてませんし
そもそも羽田氏の言ってたことは
すぐには実現されなかった気がw

なので
いつから非常灯が常時点灯じゃなくてよくなったのか?
誰がそれを提唱したのか?
とかよくわかりません。

ググればわかるんでしょうけど
いまはそれをする気にもなりませんw
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック