全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
CS1stを軽く振り返る。
ホークスとベイスターズが勝ち残ったんだけど、
結局は「ブルペン陣」の出来
の差
で勝敗決しましたね。

1,2戦はザッピングしながら見てたんだけど
マリーンズブルペン陣が
ああもあっさり
ほぼ今宮一人にやられるとは
全く予想だにしませんでした。

まそれが短期決戦ってやつですね。

でセリーグの方ですが
やはりなんだかんだで3戦目は面白かったっす。

ああ、もしかして「引き分け」で
すごくしょぼいことになってしまうかも
ってゆう
10・19体験世代には
実に楽しめる展開の試合でしたよ。

鉄板の「代走鈴木」が出てきた9回裏とか
ああもう死んだ
って思ったベイスターズファンも多数いたと思うんです。

で、そうゆう時に
人間って
「最高の集中力」を発揮するもんなんだなあ

鈴木牽制死の際に、
「有藤監督の猛抗議を呼んだ
10・19阿波野のピックオフプレー」
を即座に思い出しましたw

ということで
その時マウンドにいた田中を筆頭に
ベイスターズの若手投手陣、
先発もブルペンも
かなり充実してるんだなあ
ということをあらためて知った次第であります。
勝ちはつかなかった
今永、石田も内容はよかったし。

なにしろ皆、
「初のCS」がどうのこうのとか
そうゆう感じがなく
淡々と
「普通に集中」
してた風情が実によかったと思います。

まそれでこそ「プロ」ってことなんでしょうけどね。

ファイナルステージも
両リーグとも
楽しみだなあ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック