全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
ファイターズ日本一おめでとうございます。
ということで、
まあ第5戦西川のサヨナラ満塁ホームランで
完全にファイターズペースになったシリーズだったのかな。
第三者
として
黒田VS大谷
の第7戦
見たかった気もしますが
そうゆう風に
なんでもかんでもプロレスチックに
事が進まない
ってのもまた野球の醍醐味
ってことで。

8回表のビックイニングで
試合の趨勢に関してはほぼ決してしまった
第6戦ですけど
なんだかんだで
2死無走者から3連打した
ファイターズの上位打線が立派だった
としか言いようがないですね。

そこにいたるまでの
4-4のタイスコアの
過程をふりかえると
双方にミスがいろいろあって
なんかちょっとショボい試合だなあ
と正直思ってたんですが
8回のファイターズのビックイニングは
純粋にファイターズというチームの
試合運びの「技術」が如実にあらわれていて
見ていて感心することしきりでした。

個々の選手の
体力や技術やなにやら
はほぼ互角だったと思いますし
勢いにのったときの
「お祭り野球」要素では
カープの方が若干上かなあ
と思いましたが
直近5年10年のシリーズ経験や
監督の経験年数とかで
ファイターズが勝っていたということでしょう。

何が凄い
って
「投手大谷」
1勝も1セーブも挙げてないのに
ファイターズがいつのまにやら
4勝してた
ってゆうね。

ということで
イーグルスもなんとか
早く「2度目」の日本一で
タイガースを追い越して
ドラゴンズやベイスターズに追いつきたいものですw
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック