全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
敬称略が基本だよなあやっぱり。
ツイッターでつぶやいたんだけど、
著名人有名人の名前を引き合いに出すとき
人物によって「氏」をつけたり「さん」をつけたり
「先生」つけたり「師匠」つけたり
何もつけなかったり、といままで自分は
ブレブレだったことに気づいた。

なんでそうゆうことを急に思ったのかというと、
カープのリーグ優勝パレードのニュースで
年輩の女性が黒田を
「黒田さん」とさんづけしてたのを見て、
ちょっと「?」と思った。
でも特段、それに対する「怒り」の感情などはなく
まあ「広島県界隈ではそうゆう雰囲気なんだろうなあ」
ってゆう解釈も出来る。
「漢気」報道で「神格化」し過ぎ!
とも解釈できなくはないけど
ま、善意の第三者
として好き好きでいいのかな、と思う。

内輪とか身内感覚があるってことなのかもしれない。

というかそれであるならばむしろ逆に
身内や内輪の者に関して
「対外的」に何か言う場合は
「敬称略」なのが一応社会の「礼儀」なんすよね。

昔、ちょっと流行った
草野進ってゆう「野球批評家」の本に
若い野球解説者が
まだ現役でプレーしている年上の選手を
テレビやラジオ等の「公共の場」で
さんづけで呼ぶのはおかしいのではないか?
と苦言を呈してたような記憶があり、
確かにそりゃその通りだとは思ったけど
そのへんまだまだずっと曖昧なままですね。
まあ「野球界」のタテ社会ぶりがキツいからなんでしょうけど。

「さんづけ」は確かにちょっとおかしい、と
気づいていそうな学のある若い解説者だと、
折衷案なのか「OO選手」と言ってたりする場合もありますね。

でもあくまで「観客」の立場だと
選手に対してスタンドから大声で呼びかける場合は
敬称略の呼び捨てじゃないと雰囲気でないよなあ、
と思う自分は昭和野郎なんだろうなあw

夏の終わりにハマスタ行ったら、
何故かやたらとベイスターズのブルペン陣の投手の
名前を連呼するサラリーマン集団みたいな人たちがいて、
「須田ああああああ」
とか
「加賀ああああああ」
とか叫んでたんだけど
わたしなんかは
そうそうこれこれ、この境地!
とかニヤニヤしちゃいましたよ。
スタンド観戦はこの雰囲気が醍醐味だよな
みたいなw

「須田さあああああん」
「加賀さあああああん」
じゃ風流というかわびさびに欠ける、と。

ちょっと思い当たるのが
もうだいぶ前ですけど
ちょっとした不祥事おこしたSMAPの稲垣吾郎を
何故か報道では「稲垣メンバー」と呼んでたあれっすよ。
あの頃から、日本語の使い方
全体的におかしくなったのではないでしょうか?

ま、でもいちいち
「正しい用法」に拘り続けるのも
逆に疲れるのかなw

なんでしょう、
人によって
敬称つけなきゃ、と思わされる人と
敬称なしでいいや、と思う人と
バラバラなんですよね。
で「好き嫌い」の規準も特になく
あくまで「感覚」的なものですよ。

桂文枝
とか
内海桂子
とかだと
「師匠」
を付けたくなるけど
談志だと
談志でとめておいた方が雰囲気出る!
みたいなw

W村上ですと
龍は龍でとめておき、
春樹には氏をつけて春樹氏でいく
みたいなw

自分は陽水ファンですけど、
陽水はやっぱり陽水でとめておかないと
雰囲気でないっすよね。
「陽水氏」「陽水さん」だと
すべてがぶちこわしな気がする。
「陽水先生」「陽水師匠」とかもってのほか!
みたいな。

でも谷岡ヤスジは
「ヤスジ師匠」と言いたくなる、とか。

星新一は
やはり
星新一氏
が座りがいいし、
筒井康隆は
やはり
筒井先生と
言いたいとか。

太宰治は
「太宰はん」とかw
ってまあそりゃ相原コージのネタでして
その相原コージは敬称略が合うとかね。

ということで
ケースバイケースかなあ。

でまた
これはあくまで
「文字で書く」場合のことなんで
飲み屋とかで
「発声」して話題にする場合もまたちがってくるかも。

こうしてみると
日本語および日本社会は奥深い
っすねw

コメント
この記事へのコメント
ああ、なるほど
自分は共演回数もあって、深く話したことのある「三上寛」や「石川浩司」等を普通に「さん」付けしてたら、ある場で「うちらは恐れ多くて「さん付け」で呼べない」
と、言われて
「ああ・・そうなのか」と、改めて思ったりもしたのだけど
そうすると、日ごろから共演しているミュージシャンも「さん」付けって失礼になるよなと、思いつつもいきなり敬称略にすると呼び捨てに思われかねないので、「さん」ではなく「氏」「女史」にしたりしております・・


因みにベイ選手は
筒香は「つっつ」
倉本は「くらら」
宮崎は「プーさん」
でも可
2016/11/07(月) 16:54:30 | URL | おぐまゆき #-[ 編集]
Re: ああ、なるほど
まあ、音楽の場合は、
楽屋や打ち上げで「会話」するのと、
ステージ上で「メンバー紹介」するときで違う、
くらいな感じでいいのかな、と。
最もシンプルな例を出すと、
一番「しゃべれる」メンバーがMC担当になったとして
その人がそのメンバーのなかで最年少だったとしても
年上で大御所のメンバーが他にいたとしても
「敬称略」でいくのが普通かな、とかね。
例えば三上寛、石川浩司、おぐまゆき
でスペシャルステージやったとして
流れでおぐまゆきしゃべり担当で「メンバー紹介」
しなきゃ
ってなったときに
ステージ上から
お客様相手に
「ボーカル&ギター、三上寛さーん!」
とか
「オンドラムス、石川浩司さーん!」
とかって変でしょって話です。
というか大概そうゆう場合
自然に「敬称略」になってるはずですよ。

なので楽屋や飲み屋で会話する場合に
諸先輩相手に「さんづけ」
ってのは
お金払って見に来てる「お客様」
を相手にしてる状況ではないので
リスペクトを表す意味でも
それはそれでアリかな、と。
あまり何もかも窮屈に考えてもアレですし。

で面倒なのは
現場で会話する
のと
後々その模様を文章にする
のとでは
これまたちょっと意味がちがってくるので
めんどくさい
ってゆうねw

というか
宮崎みたいに
最初から「プーさん」とか
そうゆうのが一番助かるわけですw

水道橋博士
とか
鼠先輩
とかもなんすけどw

2016/11/07(月) 23:46:05 | URL | 辻タダオ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック