全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
学芸大学APIA40初ステージ終了。
ツイッターやらFBでも
いろいろ書いたので
被らない内容でいくと、
中前適時打の場合
いまのところのレパートリーだと
おぐまナンバーの「からすのうた」
と自分の「浮雲のように」以外は
コード数4個以下と少な目で寸法もテンポも
その都度変わるモード以降のモダンなジャズ的な
展開の曲多目なので
その都度その都度の「勝負」なんすよね。
やっぱりw

で時に「モード」とか飛び越えて
山下洋輔モードのフリーな感じ
でピアノ叩く時もあるし
そうかと思うと「おとなしめ」の時もあるし
ってことで概ね
「出たとこ勝負」。

いままでほとんど
「おぐまギター&ボーカル」は
始まったら最後
疾走しっぱなし
だったんだけど
今回は
「お?途中でタメが入ったぞ!?」
みたいなのがあったりとかねw

ま、そうゆう要素満載だから
ユニットやろうと思ったってところもあるので
ある意味、順調に推移してるとも言えます。

まあ基本はそうゆう
ジャズなんだかパンクなんだかロックなんだか
分類や定義がし難い曲調に
日本語ががっつり乗ってる
というのが中心なユニットです。
「9弦ギターで変則チューニング」ですからね。
なわけでコード譜も過半数の曲でありません。
一応、わたくし譜面台にスケッチブック置いてますけど
あれは自分の曲よりは明らかに「言葉数」の多い、
おぐまナンバーの「歌詞」を書いておりまして
いまどこを走っているのか
を確かめる道具になっておりますw

ですが、
今後ハモリとかもやったり、
あと自分がメインで「唄う」ってゆうのも
何曲かはやったりなんかして
よりバラエティー豊かに
進めていって
一本でも多く
タイムリー打ちますw
中前だけじゃなく、
左前
右前
右中間
左中間
でもなんでもいいっすw

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック