全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
レコーディングの思い出。
プロのスタジオミュージシャン
ってわけでもなんでもないんだけど、
いままで何度か自分じゃなくて
他所様の名義の「CD」レコーディングに参加したことはある。

場所や機材はそれぞれ様々なんだけど
概ね言われた通りにやってた。

で、自分主導でやるのなら?
って場合は
やっぱり
リズムマシーン
というのか
メトロノーム
というのか
クリック音
というのか
あらかじめタイトに録られたオケ音
というのか
そうゆうのが無い方がいいのかなあ
と。
相性的に。

もう20年近く前なんだけど
ピアノでとあるレコーディングに参加した時
リズムに合わせて八分音符を刻む
ってゆうそれだけのことなんだけど
まったくの「ポンコツ」ぶりw

わかりました
そこは「打ち込み」使うんで
アドリブ的なところだけ弾いてください
ってなりましたw

ピアノ弾き語り
やってるんだけど
タイトな「リズム隊」
としての才能はないわけです。

自分でアップしてるyoutube動画の一部で
「多重録音」使って
ある程度「一定のテンポ」をキープしてるのも
あるんですけど
それって厳密に言うと
「打ち込み」じゃなくて
昔買った「リズムマシーン」をヘッドホンで聞きながら
最初にピアノかドラムを録って
あとから色々重ねる
ってゆうやり方だった。

ということで、
今後辻タダオ名義や
あるいは中前適時打名義で
「レコーディング」するとしたら
やっぱり「生音」を「一発録り」したのを
重ねていく
ってのがベストかなあ
とか考え中。

江古田マーキーのありのぶ店長のCD
の時のやり方ですね。


コメント
この記事へのコメント
ドンカマ
実はドンカマについては何人かプロのスタジオミュージシャンに聞いたことがあります。「あんなのになんで合わせられるですか?」って。すると、アレはアレで特殊技能だそうで、ライブなんかでの人間の自然なノリのほうがいいに決まってるとのことでちょっと安心しました。辻さんの演奏はこっちで聞いていても「うわぉ~」って思うほどオーバーにタメることが多いので、ありのぶ店長のレコーディングではドンカマ使いませんでした。
前出の大御所スタジオミュージシャンは「ヘッドフォンは両耳にせず、片耳だけ外して自分の生音聞いたほうがうまく行くよ」って言ってました。
2016/12/03(土) 17:37:50 | URL | Min^2 #ulNX3H2U[ 編集]
Re: ドンカマ
> 実はドンカマについては何人かプロのスタジオミュージシャンに聞いたことがあります。「あんなのになんで合わせられるですか?」って。すると、アレはアレで特殊技能だそうで、ライブなんかでの人間の自然なノリのほうがいいに決まってるとのことでちょっと安心しました。辻さんの演奏はこっちで聞いていても「うわぉ~」って思うほどオーバーにタメることが多いので、ありのぶ店長のレコーディングではドンカマ使いませんでした。
> 前出の大御所スタジオミュージシャンは「ヘッドフォンは両耳にせず、片耳だけ外して自分の生音聞いたほうがうまく行くよ」って言ってました。

ヘッドフォン両耳じゃなくて片耳
って
感覚的に凄く納得できます。
自分は「タイト」な音源作ろうとした場合、
安いちゃちな感じの「イヤホン」で
リズムマシーンの音を聞きながら
そのうえに普通のオーソドックスな
「ヘッドホン」被って
自分の弾いてる音聞きながらやってました。

でもほんと
自分で言うのもあれなんすけど
ありのぶCDの録音方法は
あれ以外になかった
とあらためて思います。
2016/12/04(日) 01:50:16 | URL | 辻タダオ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック