全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
変換
インディーズというのかなんというのか
そうゆう世界でいろいろ交流が広がってきますと、
互いの曲を「カバー」し合ったりとかよくあるわけでして、
いまやってるユニット「中前適時打」なんかは
基本「互いの曲をカバーしあう」ってゆうところからの
スタートなんすけど
中前に限らずその前からそのようなことはよくあって
自分の曲を他の人がその人なりに唄う
ってゆう場面は何度も遭遇しまして
ああ、なるほどそうなるのかあ
ってゆう驚きを感じる時もあるわけで
その場合はその人なりに「変換」してるんですよ。
でまた
そうではなくて
オリジナル忠実再生だけど技術的にパワーアップ!
みたいな場合もあります。
でそれはそれで
いやあ唄上手いなあ
楽器上手いなあ
と感心してみたり。

で自分が人の曲を演奏する場合は
「変換」はせずに
オリジナルの風味を残した感じで
やることのほうが圧倒的に多いかな、と。
変えても「リズムパターン」だけかなあ
みたいな。
で特に技術的にパワーアップ
はそんなにしていない
みたいなw

そのへんは
「耳コピ」で
LPレコードそのままの演奏
をやりたがる
オフコース世代
だからかなあw

あ、ちなみに
オフコースに関しても
ニュートラルな立場でございます。

でそうゆう枠に収まらない人は
変換
どころか
大変換
した感じになるわけです。

ま、まだ人前で演奏もしてないので
細かいことは言いませんけど
中前適時打の相方おぐま

大変換
してきますw

自分がまだ中前適時打でおぐまナンバーを
ほとんど唄ってないのは
変換しようにも
そのアイディアが瞬時に浮かんでこない
ってところなんすけど
自作のナンバーを小憎らしいくらいに
大変換してくる相方がいるので
ちょっと闘志が湧いてきましたよw

コメント
この記事へのコメント
中前の曲は互いの持ち曲なので変換というよりは
歌い手が一から作り直す気持ちでいいんでないのかなあと勝手におもってます

自分はカバーする際なんにせよ、一回聴いた印象のみで曲だけ完成させてから歌詞の曖昧なところだけさらう感じなんで…

自分が合うギター弾けるかが問題ですが💧

今度辻さんの曲だけでひっそりと弾き語りしようかなあと思ったりして…


2016/12/07(水) 14:23:27 | URL | おぐまゆき #-[ 編集]
Re: タイトルなし
外スマホで返信しようとしたら
操作が難しくてできなかった。

それはさておき、
変換
に関しては
ギターしかも変則9弦チューニング
ってのと
ピアノの違いもあるかもですね。

自分のオリジナルは
ピアノは「手癖」で
いわゆる分数コードみたいなのが
多くなり、
無意識のうちに
曲中のコード数が増えるわけですよ。

でそれをおぐま変則ギターでやると
必然的にコード数は減る、と。
なのでものすごく「シンプル」になって
ああ、そうゆうことかあ
って感じるみたいな。

で自分がおぐまナンバーを唄う場合の
アプローチに関しては
その逆にすればいいのかどうなのか
とかあれこれ考えちゃったりするんですけど
まああんまり悩まず
オラオラーって感じで行けばいいのかな
とかねw

私の曲の「ひっそり弾き語りおぐま版」は
いつでも好きな時にどんどんやっちゃってください。


2016/12/07(水) 23:17:29 | URL | 辻タダオ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック