全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
いやほんと「まとも」がわからなくなってるぞw
地上波はあまり見なくなって久しいんだけど
おそ松さんとかまほろ駅前なんかは
そこそこハマって
まほろ駅前のエンディングで流れてた
まともがわからない
っていい歌だなあって思うんだけど
真面目にそのとおりになってきてて
ここ1,2年「シリアス」な感じの曲
全然作ってないw
いまのところ新しく曲を作らないと
「女たちがおれのことをタガログ語でしゃべってる」
が辻タダオの「遺作」ってことになる。
なのでそうゆう感じでないのを
作ろうとするんだけど
根が不真面目なので
詞もメロディーもなかなか出てこないw

中前の相方おぐまは
「詞先行」で曲作るタイプだと言ってたんだけど
自分の場合は「同時」タイプで
机やピアノに向かって
って感じではなく
ほぼ大体「歩行中」に出来る。
そうゆうのはまったく人それぞれなんすよね。

歩きながら「唄」が浮かんできて
ワンコーラス目はその勢いでやっちゃって
さすがに2コーラス目は机やピアノに向かう
って感じですかね。

だいたい
「女たちがおれのことをタガログ語でしゃべってる」
とか
机に向かってちゃ出てきませんw

とか言いながら、いま構想中なのが
「反ダイエット」的な詞世界の曲。
ふっくら
とか
ほっぺた
とか
そうゆう言葉をちりばめるわけです。
度胸経験勘
ではなくて
コンセプト先行で行くぞ!
みたいな。

きっかけは
NEWSザップに出てた
米山明日香青山学院大学教授を見たから。
ほぼ一目ぼれっすw

だからと言って
ふっくらした女性のみを好む
とか
そうゆうんじゃないっすw

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック