全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
用語の変遷
前にも同じような内容で書いたかもしれないけど、
もはやそうゆうことは気にならなくなってきましたよ。
年寄りは同じ話を繰り返す
ってゆうやつですよw

誰しも「よく知ってる」分野
ってのがありますね。
仕事や趣味に関わる分野とかで。
でそこには「専門用語」「業界用語」
がありまして
私の場合は「音楽用語」「パチンコパチスロ用語」
「野球用語」「農業用語」あたりは
知らない人よりは知っている
といったところでしょうか。

で、ふと
いわゆる「ギョーカイ」用語
って最近使ってる人みないなあ
と思ったわけですよ。

ザギンとかシースーとか
シータクとかの
ひっくり返すやつとか
ドイツ語読みの
C万G千(チェーマンゲーセン)=1万5千円
みたいなのとか。
呑み会終わって幹事みたいな人が
「じゃここはD千とおしで!」と威勢よく叫ぶ
とかあまり見なくなった。

まあいかにもバブルっぽくチャラい感じで
恥ずかしくて口に出したくない
ってゆうことなんだろうなあ
ってゆうような想像は容易につきます。

あとこうゆうのは
バンド系ジャズ系では
わりと使うけど
「弾き語り系」界隈では
あまり聞かない
みたいなね。

最近の「ライブラッシュ」で
「弾き語り」界隈の人達と酒を酌み交わす機会が
どんどん増えてるんだけど
そういえば「ギョーカイ」用語ほとんど聞かないなあ
と。

確かに弾き語りのように
「単独」で行動してると
こうゆういかにもな用語には
接することもほとんどない
ってことなんでしょうね。

でも個人的には
「爺ちゃん」の
「ちゃんじー」
とか
「婆ちゃん」の
「ちゃんばー」
とか
「彼女」の
「じょのか」
とかは
趣があって嫌いじゃないですけどねw

あと野球用語の傑作は
「着払い」かなあ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック