全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
こうなりゃアウトプット三昧だ
てなわけで、
昨年中盤から終盤にかけては
各所でのライブの回数が大幅増だったのですが
よくよく考えると
「曲を作る」ってのはほぼやってませんでしたよ。

まあ「プロの作詞作曲家」という
看板を掲げているわけでもないので
誰かに頼まれる
こともありませんからね。

誰かに頼まれる
何か「締め切り」みたいなものがある
みたいなことがないと
作詞作曲
なんてのは
なかなかしないものです。
普通に暮らしていると。

もちろん
弾き語り系の界隈の知人の方々のなかには
意識して
どんどん曲を作るタイプの人もたくさんいます。
そのタイプの人と比べると
自分は極端に「少ない」レベルなのは間違いないです。

無理に数字を掲げて
目標設定するつもりはサラサラないんですが
まあ適当に
「たくさん作る人」

「あまり作らないもしくは全然作らない人」
の中間
くらいを目指しますよw

というか
ユニット中前適時打で
独自の新曲作る
って決めてもいますし。

でアウトプットといえば
「演奏」もアウトプットなわけでして
昨年は途中、
左手中指の腱断裂なんぞをやらかしまして
「ピアノ演奏」
ってことに関しては
いままで無意識にやってたことも
いろいろと意識せざるを得ない
といったような「機会」に
ある意味「恵まれた」ようなw

プロフィール的な紹介文
では常に
「コードブック派の我流」
みたいな感じで書いてまして
実際そのとおりなんですけど
ほんとにまあなんというのか
それまで
気の向くままにガンガン鍵盤押す
のみ
だったんだなあ
とw

ただ、
それをしおらしく反省して
今後一切やめるつもりはございません。
それで評価してもらってた面もありますし。

で、それはそれとして
ソロにしてもバッキングにしても
音数や音圧を減らす機会を
もっと増やしてもいいような気がしてます。

手を抜く
とか
そうゆうことではなく
「新境地」を開拓しよう

そうゆうことですよ。

ものは言い様ですねw

唄に関しては
いままで
曲によって
「これは大きな声
これは小さな声
これは中くらいな声」
という以外に何も考えてませんでしたw
それに関しては
今年も変わらないかなあ。

ただ、
「呑み過ぎ」で声が出ない
ってのには
気を付けよう、と。

ま、だいたい
そんな感じです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック