全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
緊張感の連続
ってことでもう日付でいえば
2日前のことになりますが
ユニット「中前適時打」で
高円寺ペンギンハウスに初出演。

ユニットそのものが
「決めのフレーズ」
とか
「決まった小節数のソロスペース」
とか
そうゆうのが少な目の
出たとこ勝負チームなんで
「初めて出るお店」
とかだと
ほんといつも
「初心者」か!?
ってな感じで緊張したり
ビビったりしてますよ。

終演後は
細かいぶぶんで
「ああ、やっちまったなあ」
と若干落ち込んでたんすけど
マスターに
「また出てよ」
と言ってもらったんで
救われた気がしました。

ほんと「辻タダオ」ソロの時の
図々しさ
とか
ふてぶてしさ
みたいなのは
5割減
くらいかな
みたいなw

まあそれは
saxのdellaを迎えての
「辻タダオ&della」の時もほぼ一緒なんすけど
ちゃんとできるかどうかわからない
でも
とにかくやる!
ってゆうねw

まあなんというか
わたしもそりゃ
いまこの時代に
「オリジナリティー」だ!
「独創性」だ!
と、声高に叫ぶつもりは毛頭ないんですけど
中前も辻タダオ&dellaも
そこそこ
「人があんまりやってないこと」
をやってる
という自負はあります。

あとは、
dellaのsaxにしても
自分のピアノや声
おぐまゆきのギターや声
にしても
結果的に
「OO風」には一切なってない
ってのも自負しております。

だからやり続けられる
と思ってますよ。

自分のことに関していえば
いままで
「辻タダオ」ソロ
の活動のみやってた時は
自分を「ボーカリスト」として意識したことは
ほぼまったく皆無で
それはまあ
ライブ活動かさねていくうちに
「いやあ世の中には歌の上手な人が
実にたくさんいるものだなあ」
と実感し
自分はまあそれほどでもないなあ
と思い
ま、とにかく「自作」の歌の
内容が伝われば
それでいいや
くらいの
軽ーいスタンスだったわけです。

で、去年から
様々なスタイルのいろんな活動をやってきて
そのスタンスを
変えるのか
っていうと
それはございませんw

もうね、
素直に
「自分の声」で
はっきり
「言葉を伝える」
それだけですよ。

それ以上でも以下でもないですね。

中前適時打は
今後「ハモり」や「デュエット」も
レパートリーにはいってくるんで
そのあたりは相方のおぐまと
確認しました。
コメント
この記事へのコメント
少なからず、「お互いとでしかできない」「ライブでしか見せられない」ものをやっていると自負しておりますよ

ペンギンのマスター含め、観てくれた人まず言うのが「面白い」「楽しい」だから
そういうのはCDでは得られないものなので・・

そういった中で技術も高めていけたら最強になれると思います
2017/01/15(日) 06:08:52 | URL | おぐまゆき #-[ 編集]
「面白い」「楽しい」
ってゆう「感想」は
凄く励みになりますね。
そうなかなか出てくる言葉じゃないし。

いまは曲数が急速に増えて
未消化な面もややありますけど
身体に沁み込ませれば
必ず「最強」になれると私も思いますよ。
2017/01/15(日) 13:06:42 | URL | 辻タダオ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック