全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
作風バラバラと「無意味」
という自分の芸風に関しては
何度も公言してるように
「陽水好き」の影響は少なからずあると思う。

たとえば
「人生が二度あれば」

「何故か上海」
では
同じ人間が作ったとは思えない
ってところがあるじゃないですか。

できれば自分もそうゆう者になりたい
ってのはありましたね。

でもちろん
「陽水」に似てはいけない
ってゆうね。

なのでまあ
ガチガチどストレートのラブソングもあるし、
ほぼ「無意味」に近い言葉遊び的な歌もあるし、
ってことで
どっちか一方のみ
には
ならないようにしよう
とこころがけてはいたものの
ここ1、2年は
ほぼ「無意味」路線一方でしたw

ですので
ちょっと今度は
過剰に意味のある
歌詞を作ってみようかな、
と。

ほんと
最後に作ったのが
「女たちがおれのことをタガログ語でしゃべってる」
ですからw

いやまあそれはそれで好きではありますけど。

そうそうあと「映画」の世界だと
イーストウッドもかなり作風バラバラでしょう。
この前「戦争」だったから
次は「恋愛」だな、とか
そうゆう感じ。

それくらいの心持のほうが
曲はたくさん作れるのかな
とふと思う今日この頃でございます。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック