全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
先生というか教師の話
1970年代中盤から
1980年代中盤くらいまでを
小中高の「児童」「生徒」時代を
過したわけだが
清志郎風にいうところの
「僕の好きな先生」
って
小6と中二のときのお二人だけで
そりゃまあ単純に
「美人」だったからだ
といまにして思う。
いまどこでなにをされているのかは
全く知らない。

で、ここでは
美人で
とても好きだった先生のことを語るつもりは
全くなく
やっぱりその
「なんじゃこりゃ?」
みたいな
変だった人のことを書く。

今現在は
「教師の事務仕事」が
やたらと多くて
ものすごい「激務」だってよく報道で目にするんだけど
自分が児童生徒の頃と比べてどうだったんだろう?
ってのは
教師になったことがないのでわからないんだけど、
まあなんにしても
「変」な人は
私の児童生徒時代の方が多かったんじゃないかなあ。

基本「コミュ障」がデフォルト
みたいな人たくさんいたしw

罵倒される
殴られる
首を締め上げられる
とか
日常茶飯事だったような気もするけど
べつに
それを恨みに思うつもりもないし
ま、そんなもんじゃないの
くらいに軽く考えてた。

自分の場合は
「やる気」のないものは
徹底的にやらない
ってゆう
「落ち度」は
ある程度「自覚」してましたしw

で、とにかく一番強烈な記憶として
残ってるのは
高校の時の「物理」の先生ですかね。

なにはともあれ
「核」とか「原子力」とか
命がけで「好き」な人だったんですよ。
目付きが逝っちゃってました。

なんか科学室の実験授業で
いまマジでこれ
微量ながらも
「放射能」出てるんじゃね?
みたいなことがあったようなw

あとはちょっとこれ
具体名あげられないんすけど
中学高校どっちか
としかボカしてしか言えないんだけど
ものすごい
「熱血」男性教師の人がいて
ま、自分は好きとか嫌いとか
特になんとも思ってなかったんですけど
なんでそんなに
マッサージと称して
身体に触ってくるの?
みたいな。
女子も男子も関係なく
ですよ。
いまだったら
「ヤバイ」例ですよね。

それから
高校の世界史の先生は
何故か「教科書」には全く載ってない
ハワイのカメハメハ大王一家の歴史
にやたらと時間を割く
とかw

ま、なんというか
「普遍性」じゃなくて
「個人の怨念」で
行動してるんじゃないの?
みたいな先生が
やたらといたなあ
みたいなw

世代的に
「3年B組金八先生」
はどストライクなんですけど
あのドラマの最初の方で
「熱血」な金八先生とは
対照的な
いわゆる「デモシカ教師」、
つまりは
私企業にくらべて
休みも多いし待遇も悪くない
なので教師になりました
的なキャラクターもいて
当然のように
「悪役」扱いされてたわけですが
いまにして思うと
自己顕示欲の強い自分のような者としては
そっちのタイプの方が
精神的に「楽」でしたw

金八が担任だったら
速攻でグレてたかもw

うるせー邪魔だ!
とか言って。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック