全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
唄とこだわり
ここでは何度も公言してるように
陽水ファンなんだけど
たとえば斉藤由貴の
「夢の中へ」をどう思うかってところだと
もうまったくもって全然アリ!
って思うし
UAの傘がないもいいと思う。
もちろん中森明菜の傘がないもいい、と思う。

こうゆうのは
好みの問題なので
人それぞれなんだろう。

陽水の声じゃなきゃ
嫌だ
って人がいても
それはそれでおかしなことではない。

でもほんと
沢田研二の「全曲陽水」アルバムとか
マジかよ
ってゆうくらいにかっこよかった。

「♪女がトップモードの
ドレスでタップダンス踊ってた♪」
ってなんじゃそりゃ!?
みたいな。

「俺の女」が
いたら
トップモードのドレスで
タップダンス
踊らせたい
って
野郎共なら皆思うんだろうなあ
ってゆう劣情をもよをさせながらも
最後の最後では
どこかクール
ってゆう
そこが陽水の魅力だろうと思う。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック