全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
硬軟織り交ぜ
ということで、
八王子papa Beat
で辻タダオソロ
そして
荻窪Doctor's BAR
で中前適時打

新橋からの三連投でしたが
お客様、演者の皆様、店舗スタッフの皆様、
お疲れ様でした。
ありがとうございます。

ま、とにかく楽しく過ごせました。

と大雑把な感想しか書けない
くらいの濃密な日々でした。

もう、共演したみなさん
みんなそれぞれ濃いキャラクターの人たちばかりで
逐一感想書いてたら
原稿用紙500枚くらいいっちゃいそうなんで
ここではやめておきますw

ひとつだけ触れますと、
去年
八王子界隈で自分がやらかした
「失態」の数々のうちのひとつを
何故か「初対面」の
高橋小一さんに指摘される
とw

「弾き語り」系の世界
だいぶ狭いところで
あっという間に
情報が行き渡る
ってことを痛感しましたw

だからといって
特に何か気を付けよう
とも思いませんw

で、中前適時打では
純正ユニットオリジナル
の初ナンバー
「ブルーベリーの詩」
を世界初演!
しましたよ。

でふと思ったんですけど、
「辻タダオ」ソロ
の場合は
作風バラバラとはいえ、
「軟派」というか
わりかし「おふざけ」要素を
多用してる面があり、
一方「中前適時打」の場合は
「硬派」というか
「おふざけ」要素は少ない
のです。

ってことで色々考えた結果
辻タダオソロは
「おふざけ多目、やや硬派」
中前適時打は
「真面目多目、多少ふざける」
くらいな塩梅でいいかな、と。

「ふと思った」
というより
わりと深く考えて
この結論に達しましたw

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック