全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
トラウマとか無いから捕まえよう
ってのは
昨今一番ひどい話題の
児童ポルノそれも少年愛のあれ。

不愉快な出来事だから
細部までは書きませんけど、
しかしながら実際その手の人達は
存在してるわけなので
「存在している」という前提で
対処するしかないわけです。

というのも
これまた以前に書いたかもしれませんけど
私自身
小学校6年生のときに
ワゴンに乗った小児変態性欲者に
危うく連れ去られそうになったことがあり、
その時の
大人達の対応
がですね
「デリケートな問題だから
そっとしておこう」
とか
「トラウマになってはいけないので
その話題には触れないでおこう」
みたいな流れになって
子供ながら
「おいおいおい
そうじゃなくて
あのど変態野郎を
野放しにしておいて
いいのか!?」
と思ったわけですよ。

小児変態性欲者は
時代に関係なく
必ず「存在」します。

それを前提に
デリケートな問題だから
そっとしておく
のではなく
「あからさま」に何か
やりやがったら
速攻で牢屋に送ってやる!
くらいの気構えでいいと思いますよ。

ほんとあの時
逃げられなかったら
ミスティックリバー

ティムロビンスみたいに
なってたかもしれないし。

少年少女たちに
変態性欲者対策
教えた方がいいような気がする
のですが
はて
では
どう教えるのか?
ってのは
前例がないからわからないなあ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック