全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
私小説体質の有無
赤の他人が書いた
「私小説」を読むのは面白いけど
自分の家族親戚関係に
「私小説」書かれたら嫌だなあ
って思う人の方が
どう考えても多いとは推察される。
自分の恥部とか暗部とか
さらさないでくれよ
みたいな。

でも「書きたい」人

そんなの関係ねえ!
なので
止めたくても止められない
ってのもあるし
でも
過去「プライバシー」がらみ
の訴訟もあって
書かれた側
が勝つ場合もあったわけだ。

ま、それは
必ずしも「家族親戚」関係って話じゃないけど。

で、また私の場合
「書きたがり」の者を抱えてたりするわけだ。
それも複数以上。
血縁関係内で。

思想言論表現の自由ってものが
あるので
それは止められない。
露骨には止められないが、
なんとか知力を尽くして
止めようとは考える。
そして
あなたに書かれるくらいなら
おれが書く
と遠回しに言って
あきらめさせる。

そして
結局
なるべく自分を美化して自分の都合のよい
「物語」を作るのだ。

赤裸々な自分

見せたい
とかまるで思わない。


枡野浩一&小谷野敦
対談
をネットで読んで思いました。

二人の対談内容だと
私が前段でダラダラ書いてきたのと
まったく逆のことをやろう、やりなさい
って流れなんで
やっぱそれはちょっときついなあ
みたいなね。

とりあえず記憶が薄れないうちに
書いておきましたよ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック