全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
何かが欠けているということ
1964年生まれの自分は
典型的な「バブル世代」であり
実際「バブル」を謳歌したのも確かだし
そのことそのものを悔やみも恨みもしないし
後続の世代の人達に
申し訳ないなどと
思う筋合いもない。

で、もちろん
あれだけ楽しかった
バブルよもう一度!
とも思わない。

たまたま
自分の世代は
ラッキーだった
と。
それだけのことだ。

自分は
「グルメ」

「ファッション」
にも
興味なかったし
丸井のバーゲンにも
行ったことがなかったし
なので
バブルの泡にまみれなかった
孤高の人間なんだ!
と主張しようと思えば
やってやれなくもないんだけど
なにしろ
性格が「軽い」ので
そんなたいそうなことは言えないw

ひとつだけ言えるのは
あの時代は
とにかく「満たす」「埋める」
ということがほぼ人生の全て
みたいな空気だった、と。

家?なきゃ買え。
車?免許取ってカーセックスだあ。
恋人?嘘でもいいから作れ。
海外旅行?どこでもなんでも行け。

みたいなね。

ま、これは大雑把な感想なので
みんながみんな
そうだったとは
もちろん言い切れないし
「変な人」も
それはそれで
たくさんいたような気もする。

ただ
「満たされなきゃいけない」
という空気は
間違いなくあったと思う。

2017年現在
そうゆう空気が
一切ないのは
歓迎すべきことだと思う。

人として
「完璧」ではなくて
何かが欠けている
と。

それを
そのまま主張しても
大丈夫な感じ

バブル時代
よりも
いま現在のほうが
強い。

空気なんか読まない
剥き出しの「個人」

正々堂々
渡り合う
ってゆうね。

「完璧」に向けて
走るんじゃなくて
アホか馬鹿か
ってゆう個々人が
そのまま突っ走る
ってゆうね。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック