全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
移り変わる街道の景色
いやほんと商売ってのは
大変だなあ、と
職場の近隣の建物や商店が
どんどん入れ替わっていく様をみて
つくづく思う。

最近はコンビニもどんどん入れ替わって行くし。

あるはずのコンビニが
「無い」ってなると
わりかしショックですよね。

で、町田街道
なんだけど
町田街道沿い
というほどでもないけど
ちょっと歩けば町田街道に出る
という「職場」つまり畑の位置なので
ここのところ
健康増進の意味も含めて
よく歩く。

ほんとつくづく
自分が中高生の頃とは
別世界だと思う。

グルメ街道か?
ってくらいに
飲食店が多い。

和食洋食なんでもござれだ。

ドラッグストアも多いし
ハードオフ的な中古屋も多い。

お宝マーケット
ってゆう
オタク大喜び!
みたいな建物では
多くの青年が
プラモなのかなんなのか
よくわからないけど
昼間から「改造」作業にいそしんでたりする。

自分が中学生の頃は
「町田街道」から
右に左にぬけていく
細い「一本道」みたいなのがたくさんあって
大概、林というか藪みたいな感じで
木で覆われていて
昼間でも暗かった。

で、藪というか林を抜けて
あかるくなった
と思うと
地主さんの豪邸があったりとかね。

自分は中二くらいまで
背丈がクラスで一番か二番に低かったので
わりかし女子に「愛玩」されてた。
「かわいい!」みたいなw

特に「性的」に早熟だったとか
そうゆうことではなく
こいつならちっこいし安心
みたいなことだったのか
何故か「女子の家」に
よく遊びに行ってた。

なんかしらないけど
その娘の好む
レイジーとか
ベイシティーローラーズとかの
LPを延々聞かされたりとかねw

で、そのうちの
「地主さんの娘さん」の豪邸には
衝撃を受けたものだが
最早、跡形もなかった。
売却して宅地化したんだろう。

林も藪も
蔵も生垣も鳥小屋もなく
のっぺりとした普通の住宅街になってた。

町田の景勝地としては
「小山田緑地」ってのがわりと知られてるんだけど
ほんと自分が中学生の頃は
町田街道沿い
であっても
「小山田緑地」っぽい
ド田舎な風景が広がっていた
ってことです。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック