全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
オランダVSプエルトリコは漫画のようだった。
スカパーで見たんだけど
多村の解説はやはり安定している気がする。
現役の頃からのメジャー通ってことで
情報もきっちり集めてるようだし。
微妙なコースをストライクと言わせる
モリーナの捕球の解説で
「さすがのフレーミング技術ですね」
とか言うあたりなかなかシブいし、
嫌味にも感じない。

で結局試合は
タイブレークで11回に犠飛で
プエルトリコが4X-3でサヨナラ勝ち。

試合展開は山あり谷ありで面白かった。

初回攻撃で凡ミス&モリーナ要素で
二人も走者が死んだけど
鬼のバレンティンが2ランとか
あははは、って感じでしたよ。

でやたらと
ビデオ判定が多くて
その場面そのものは
スリリングでいいんだけど
待ってる時間が長い分
ちょっとやっぱり間延びしますね。
回数制限とかないみたいなので
次回大会以降は考え直して欲しいところ。

終盤の「ガチなメジャーのクローザー」の投げ合い
は圧巻だったし、
そこでバレンティンが原因の
乱闘寸前騒ぎとか
なだめる大物捕手モリーナとかね。

というかほんとに
両チーム互いに
ガンガン煽りあってたのも
普通のメジャーリーグの試合
と違ってほんと漫画みたいでした。

最後、元楽天のファンミルが犠飛打たれて
サヨナラ負けだったんだけど
「浅いセンターフライ」で
これは刺せるんじゃないか?
って感じだったのが
本職は内野のプロファーの送球が
逸れて試合終了。
ファンミル怒りのグラブ叩きつけ!
とかね。

全体的に粗い印象の試合でしたが
そこそこ面白かったっす。

「そこそこ」なのは
やっぱり
「球数制限」「ビデオ判定」「タイブレーク」
の三要素で長時間にならざるを得ない
ってところですね。

アメリカに勝てば
決勝の相手はプエルトリコなわけで
前回のお返し
といきたいところ。

ま、でも苦難の道だとは思います。

とにかくどっちにしても
クローザーが出て来る前に
リードしておかないと
相当キツいっすね。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック