全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
不都合と不条理
ユニット「中前適時打」の
「オリジナル曲」のなかに
「中前適時打のテーマ」
ってゆう曲があって
野球好きでもある
MIZOROCK氏に
作詞作曲してもらった曲なんだけど
そのなかに
「不都合と不条理」ってゆう言葉があって
昨日「侍J」が負けた試合なんかは
まさにそんな感じだった。

他の競技もそうなんだけど
「スポーツの試合」
ってのは
「感動100%保証」
ってことは一切ないわけで
それで人生の「わびさび」を知る
ってゆう機能もあるんだと思う。

打たれた場面
以外の
菅野や千賀の投球は
素晴らしかったし、
小林が盗塁刺したところや
エラーした菊池の本塁打
とかもよかった
けど
両チームともに
「見せ場」は少ない
淡々とした試合だった。

単純に
両軍「投手陣」が
よかった
と。
で、アメリカの方が
やや日本を上回った
って感じですかね。

現場にいた選手の
悔しさ

察するにあまりある
と思うので
あまり細かいことは言えないけれど
あるていど「結果」が
コントロールできる
「音楽」の「パフォーマンス」を
やってる立場の人間としては
あすはわが身
って気持ちで
自分の人生に活かしていきますよ。

「感動をありがとう」
みたいな
陳腐なセリフを言わせない
それも野球だ!
と。
不都合と不条理
そして
時に残酷
ってことです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック