全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
WBC総括
一日遅れになりますが。

ようやく「母国」アメリカが優勝
ってことでおめでとうございます。

決勝は8-0のワンサイドで
試合展開としては単調だったけど
アメリカの何気ない「守備」の美しさは
光ってたと思います。

あわやノーヒッターの
ストローマンの投球も
絶妙でしたし。

勝つべくして
勝ったんでしょう。

日米の野球の違い
の一番大きなところは
「体格」や「身体能力」の違いによる
「内野守備」なのかな
ってところは昔からあって
今回もゴールドグラバー
クロフォード&キンズラーの二遊間
そして三塁のアレナドの守備は
「普通」のプレーでも楽しかった。

なんだけど
坂本、菊池、松田なんかも
その領域に近づいてると思いますよ。

坂本、菊池は
体格的にも
「小型」じゃなくて
「大型内野手」
ともいえるし。
二遊間が「大型」だと
楽しい。
ショート宇野
ショート池山
とか
特に贔屓チームじゃなくても
楽しかったし。

そうゆう意味では
我がイーグルスの
松井稼
がピーク時に
WBCに出てないのは残念。

だからといって
「小型」の二遊間を
否定するつもりはないですよ。

吉田義男や小坂も
それはそれで楽しいし。
今現在の茂木も
「長距離」ヒッターじゃないし。

しかし「国際大会」
となると
「大型二遊間」は
必須でしょうね。

ってことで
少年野球の段階から
大型二遊間
をどんどん育てて欲しい
と思った
今回のWBCでした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック