全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
バブル期象徴三大著者は
田中康夫
ホイチョイプロダクションズ
渡辺和博(故人)
だと思う。
※これはあくまで個人の感想です※
です。

でバブル期に多数著作を出してるので
その
「いかにもな代表作」を挙げれば

「なんとなくクリスタル」
「きまぐれコンセプト」
「金魂巻」

なわけで
そのいずれも私は読んでいる。

というかそもそも私のような性格の人間ですら
それらを読んでいる
という事実そのものが「バブル」なのかもしれない、
というか
私自身が「バブルにまみれた人間」であることを
指摘されても全く反論できない。
「いやいやそうでもなかったんですよ旦那!」
とか言い訳する気にもならない。
というか
「まみれてましたけど何か?」
と開き直るしかないw

ただやはりいま挙げた3大著者の
3大著作を
いま
読みたい
そして懐かしがりたい
とかは
全く思わない。

思想信条的に
「転向」して
嫌いになった
とかそうゆうことではなく、
それこそそれら3作全て
「なんとなく」
「世のトレンドを知る為に」
「井戸端会議の話題仕込みの為に」
読んだ
という側面が個人的にはあるので
そもそも「思い入れ」はないのであった。

例えば田中康夫の
AOR、ファッション、店舗
の知識は
傍目でみて
「ああ、きっとすごいんだろうなあ」
とは思ったけど
自分の興味はJAZZ、パチンコ麻雀、野球
だったんで
「ああそうですか」で終り。
それ以上でも以下でもない。
ってか田中康夫が
「ニューヨークの松山千春」とか言って
バカにしてたビリージョエルと
田中推奨AORとどっちの洗練度が高いか
低いかなんで最早どうでもいいような気もするし。

田中康夫が「政治家」になるのも自由。
それで評価されたりされなかったりするのも
世の流れ。
女性スキャンダル的なものは
全く興味ナシ。

自分としては全部「是々非々」だ。

ホイチョイに関しては
「毒にも薬にもならない」
という記憶しかないので
特に言及しない。

問題は
故渡辺和博の
「金魂巻」なのだ。

私はこれを読んだ時
かなり衝撃を受けた。
で、衝撃を受けたのちに
蛇蝎のごとく嫌った。

で、金魂巻を徹底的に批判しよう
と思っていたら
著者渡辺和博は死んでしまった。

いずれにせよ
なんとなクリスタル
気まぐれコンセプト
金魂巻

全てにおいて
再読する気にならない。

まず「懐古」感に浸れない。

ただただ
「バブルの生臭さ」が
蘇るだけで
不快なだけなのだ。

もちろん「評価」される部分も
あるんだろう。

でも私は嫌だ。

でも若年層の人には
「当時を知る」にはいい
参考文献
になるかもしれない。

とか書くと
まるで「ステマ」だし、
一体おまえは誰の味方なんだ?
って話になるんだろうけど
自分が「読みたくない」のは
嘘偽らざるほんとうの気持ちですよ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック