全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
自己中心的茶髪論
ま、つまり齢52年、
わたしは一度も髪を染めたことはなく、
それはナショナリズムとか
エコロジーとかその他諸々の
イデオロギーであるとか、いわゆる
「思想信条」一切合切まったく無関係で
単純に「めんどうくさい」ってゆう
無精者の本領を発揮しただけ。

なので、
自分以外
誰彼かまわず
髪を何色に染めようが染めまいが
なにも言うつもりはないし
そんなことに文句つけること自体が
ナンセンスだとすら思う。

思うんだけど、
いわゆるドレスコード
みたいなのが
世の中にはあって
というか
特に日本社会には強くあって
「職場の管理職」とかに
なっちゃうと
染めてくる従業員に対して
「監視」とか「注意」とかしなきゃいけない
ってゆうね。
もうそのこと自体が
チョーめんどいんすけど!
みたいなw

なんかもう
「ここまではOKこれ以上はNG」
みたいな
髪の色見本まであったりするし。

ということで
「自己中心派」マネジャーだった頃は
「いちいち規制するなよめんどくせー」

「どっちでもいいんなら染めてくんなよめんどくせー」

相反する気持で
そこそこテキトーにやってましたw

世の中テキトーが一番!
だと思うんだけどなあ。

こんなこと言っても
「共感の輪」は全く広がらない
ってのは十分自覚しておりますw
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック