全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
歯医者で流れたら終わりなのか?
ってどうゆうことなのか
ってえと
個人経営の
歯医者に行くと
患者をリラックスさせる為なのか
ヌルめのインストのBGMが流れてる時があるし
個人経営の美容院、理髪店でもありがち。

あと、何かを「選ぶ」のがめんどくせー
と思った居酒屋とかw

とにかくメロディーラインは琴!
みたいなw

そうゆう時にいちいち印象深いのが
わたしの敬愛する井上陽水の「少年時代」だったり
あと青春時代に一世を風靡した松任谷由美の
「春よ来い」だったりするわけだ。

なんかやたらと
少年時代と春よ来い
を聞かされる印象が強い。

実際両方とも
「教科書にのる」
的な曲だし。

でももともと陽水を知ってる
ユーミンを知ってる
ってゆうユーザーだと
少年時代や春よ来いが
各々の「代表曲」じゃないだろ!
って皆思ってるはずだ。

思ってるけど
あえて主張しない
ってゆう
そこが70年代後半以降に物心ついた者

奥ゆかしさなのだw

ボブディランがエレキを持った!
からと言っていちいち怒らない
ってゆうね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック