全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
「批判」も「自慢」もガンガンやるよ。
さて、
自己啓発系
というのか
処世術系
というのか
そうゆう感じの
というかまあ
チャラくて薄っぺらな感じの
文化人なんだか著作者なんだか
よくはわかりませんけど
「小説なんか人生の役に立たない
からビジネス書をたくさん読もう」
とか平気で言っちゃう類の人種が
とかく
「批判はよくない」
だの
「自慢はよくない」
だの
といった根拠のない
妄言をまき散らしてるわけですが
そんなの
「批判も自慢も言論の自由のj範囲内で
いくらでも出来ます以上終了」
ですし、
おまえの文章よりは
出来の悪い小説
の方が
よほどマシだ!
としか思えませんw

自公のいいなり
にもならないし
民共のいいなり
にもならず
そうゆうものからは自由になる!
って宣言するのも
言論の自由
なわけでして、
「無党派」を名乗るのは
「怠惰」だ!
とか言われても
そんなのおまえの都合であって
単なる屁理屈だろう
と私は思いますね。

「批判はよくない」
「自慢はよくない」
ってのは
「自分が思うように
自由自在に
人をてなづけたい」
ってゆうだけの
自分以外の人間に寄生しようってゆう
さもしい根性のあらわれなので
「聞く耳もたない自由」を
思う存分発揮する所存でございます。

たとえばSNSなんかで
「おれのリア充自慢で凹む人がいるかもしれない」
とか
考えるつもり皆無ですよ。

批判も自慢も
他人は気にせず
ガンガンやりますよ
そんなもん。

同世代の人に思い出してもらいたいのは
NHKの
「鈴木清順の弟」
だったアナウンサーが出した
「気配りのすすめ」だかなんだかいう本
あったじゃないですか。
ベストセラーにもなった。

ベストセラーにはなってたけど
全力で馬鹿にしてた層もたくさんいた!
ってゆうね。

馬鹿だと思ったら
馬鹿だ!
と言っても全然OK!
みたいな。

ポジション関係なしに。

昨今の政治における
下半身スキャンダル合戦なんかも
ポジショントークだらけ
ダブルスタンダードだらけ
でうんざりっす。

皆がうんざりしはじめて
「下半身スキャンダル
とかどうでもよくね?」
ってなって
我が国の風俗習俗の
「規範」みたいなのが
どんどん緩んでいって
「下半身ネタ」お得意の
文春砲が
売れなくなってゆく
のが
丁度良くみんなが住みよい
世の中だと思いますよ。
わりとマジでw


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック