全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
話好き地獄
わりかし「炎上商法」的なところがある
あのホリエモンが
「直電」での「会話」をかなりくさしているんだけど
実際問題
自分も
「直の電話」とか
近頃ほとんどしない。

そりゃもうどう考えたって
メールとかSNSとかの
方が効率的だし。

ただ高齢者は
いまさら
メールとかSNSとか無理なんすけど
ってのもあって
老いた母とかとは
ほぼ100%
「直の電話」である。

そもそも生まれつきの
「話好き」なので
電話でしゃべりだすと
生き生きしちゃう
みたいなね。

で、わたしのほうが
要点が大体つかめたら
はいはいはいわかりました
つって
強引に回線切る
みたいな。

これ以上話しても
電話料金の無駄!
みたいな。

もうね、
電話で直の会話とかね、
完全に非効率だから
やめてくれる?

お願いして
SMSとかぐらいは
ちょっと覚えたみたいなんだけど
なんだかんだで
やっぱり
電話での直の会話
を止める気配はない。

止まったら死ぬ
みたいな
マグロのようなものなのだ。

話好き
な人
ってのは
呼吸と話が同等なのだろう。

ホリエモンのゆうところの
「要点をまとめてくれ」
なんてのは
言うだけ無駄なのだ。

それはもう
お互いに
地獄を認め合うしかない
と思う。

世の偉人に
「要点のまとめられない
話好き」の人
もたくさんいただろうし。

それこそさんま師匠なんて
お茶の間で気楽で見てるぶんにはいいけど
身近にいたらやっぱちょっと疲れるな
みたいなね。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック