全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
ライブの詳細レポートは後ほど
ってことで
おぐまゆきとのユニット
中前適時打2度目の遠征先は
名古屋。
今回は初遠征の大阪と違い、
2夜連続、名古屋連泊の日程。
そうゆう行動自体が私は生まれて初めてのことで
精神的、肉体的にどうなのか?
みたいなところが
岩田鉄五郎と同い年の者としては
懸念されましたが
まあ感覚としては今後も行けそうな気がします。
というか現時点で
「決定」してる地方日程もあるし。
でまあ、
地方に限らず首都圏も含め
いろいろなライブ会場で
いろいろな人達、
特にインディーズのミュージシャンの人達、

おぐまゆきに対し
「なんでそんなに色々
全国回れるんですか?」
って尋ねてる場面に遭遇するし、
ユニット組む前の自分も
ほぼそれと同じ質問をしてた気がするんだけど
大阪、名古屋と2度、
体感してみて思ったのは
「全国回る」のに
「特別」な魔法のようなノウハウがあるわけではなく
単に個人の「意志」の問題なんだ
と今回回ってみて痛感。
ああ、なるほど
おれの人生の参考にさせてもらいます、
みたいな。

色々細かいことを掘り起こすと
「ああ、なるほど
こうゆう工夫もあるんだ」
みたいなのを目の当たりにして
驚嘆することしきり
なんすけど
それはおぐまゆき本人が
個人でコツコツつみあげてきたことなので
相方だからといって
わたしがここでおいそれとは書けません。

意志と体力と
地道な作業の積み重ね
ただただその繰り返しですね。

で、自分の居住地域以外でのライブ
って
アドレナリン出まくり
というのか
ものすごい快感だ!
ってのは判ったので
出来得る限り最大限
「中前適時打」でいろんな所にいくぞ!
という決意もさらに固まった
今回の遠征でした。

とりあえず、今は以上です。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック