全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
田中康夫と村上春樹を混ぜて
野球小説を書くと
こうなる!
みたいなのの
パイロット版。

辻タダオ野球小説(仮)

やれやれ
また投手がストライクを取れず
どうやら試合は長引く感じだ。
ぼくは隣に座っている
商社勤務の由美子に
つまらない試合になったね
と言ってはみたが
由美子は野球そのものに興味がないので
上の空
なのか
と思いきや
ぼくとの「デート」に気合いをいれてきたのか
いま目の前で戦っている両チームの選手の
あらゆるデータを頭に叩き込んでいるようで
山田の長打率※(巻末)
※四球率(巻末)
とか
相手チームの投手の防御率※(巻末)
や与四球率※(巻末)や奪三振率※(巻末)
そして被打率※(巻末)
なんかを
スマホであっというまに調べ上げて
「いま雄平だから
まだまだ予断を許さない状況よね」
とか言うので
生涯135000本目の
タバコを喫煙所に吸いに行こうかなあ
って浮かした腰を
いったん座席に沈めた。

そんなことを言う由美子は
きっと
人生に何か空虚なものを
感じているのにちがいない
と思ったぼくは
もう試合はどうでもいいから
西麻布あたりで
美味しいパスタでも食べない?
ってちょっと声をかけようとしたんだけど、
なんだか
「いま打席にいるのは
あたしの雄平!」
みたいな表情になってるのが
ナイーブでセンシティブなぼくには
手に取るようにわかったので
やめておいた。

もう野球場に女の子と
一緒にくるのはやめておこう。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック