全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
繰り返すけどジャズは関係なし。
今回の日野皓正氏の件については、
わたしはあくまで日野氏サイドの味方につく。
私がもともとジャズやってたからってゆう
「身内感覚」の「内輪褒め」をやろうという
意図は全然ない。
「ソロ回しで長くやりすぎ」ってところだけは
まあ「ジャズ」を引き合いに出して
ジャズ身内以外の人達に説明する必要は
あるだろうが、
それ以外の諸々については
これはあくまで
「営業権」の問題だろうと思うわけだ。

単純化すれば
少年ドラマーの行為は
「営業妨害」とも捉えられる。
ジャズだ
芸術だ
とか言いだすと
そのへんを見落としがちになってしまう。

そもそも、
普通に見てた一般客が
「おいおいおい
いつまでソロやってるんだ!?」
ってなってきた段階で
十分「営業妨害」ってことになる。
有料コンサートの場なわけだから。
でしかも
プロの本格的な
しかもアヴァンギャルドな
インプロビゼーションの極致
をみんなで味わおう、
という場でもなんでもなく
「発表会」的色合いの強い、
観客席に父兄多目のコンサート
なのであればなおさらだ。
年に一度のことだからつって
スマホやビデオカメラで撮ってやろう
って思う父兄がいたから
「動画」も残ってたってことなわけだ。
マジなプロのライブやらコンサートなら
普通そうおいそれと撮影は出来ない。

ということを踏まえれば
「そもそもジャズ論」で
日野氏を叩くのはまずもって
完全にお門違いである。
何か「結論ありき」の意図がある
としか思えない。

次に違和感があるのは
前後の事情や
上記諸々の細かいことやら
なにも言及せずに
ひたすら「暴力反対」だけ言ってる層の
皆々様なんだけど
確かにそりゃ「暴力」はよくないのはわかるんだが
「当事者同士」で話ついてる
ってことに対し
何をどう思ってわざわざ火をつけようとするのか?
ってところだ。

いちばんわかりやすい例だと
「慰謝料ナシ」

「平和」な「協議離婚」で
新たな人生にはりきって踏み出そうとしてる
「元夫婦」のどちらか一方に
え?あなた慰謝料もらわなかったんですか?
それはまたいったいどうゆう了見なんですか?
とか言って煽って
せっかく気持ちに整理をつけてた人間を
ふたたび泥沼に引きずり込むような
「悪魔」層である。そうゆう層を成しているのが、
既存大手報道機関だったり法曹界だったりするわけだ。
まったくもって手におえない。
ということで引き続き
週刊誌は買わないし
地上波放送も極力見ない。
週刊誌はまあ
図書館で無料なら時折読むよ。

ひな壇的&ワイプ多用ワイドショーなんかは
見るだけ
完全に時間の無駄遣いだ
ということが
今回の件で増々わかった。

ひな壇的&ワイプ多用ワイドショーで叩かれる人物

自動擁護で
ほぼ間違いないんだものw

朝日+文春+新潮
よりも
ヒノテル
である。

それで間違いない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック