全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
期待値さがれば
さてまたしても
「規制」が話題になってる
パチンコ業界なんだけど
私の予想は
それでもやるやつはやる
って感じかな。
というか大当たり一度の出玉が
1500発以下の
時代とか過去にもあったし
それはそれで楽しんでた記憶ある。
実際わたしが「学生時代」だった頃は
エキサイトヒーローだの
エキサイトライダーだの
といったセブン機を打ってたんだけど
一度の大当たりの出玉数は
確か1300発前後だったと思う。
でしかも「一回交換」ってゆうね。
相当シブいルールだとも言えるが
それでも
「勝つ」ときは勝ってたと思う。
というかそもそも
「勝ちの上限」とか言ってる時点で
え?なになにもしかして
正式な公的な賭博として認められたの?
とか一瞬思ったんだけど
どうやらそのへんはまだまだ曖昧なようだ。
というか
一撃5万発
とか
一撃一万枚
とか
いう世界よりは
実は
出玉制限あったほうが
勝ちやすいんじゃないだろうか?
いやほんとマジで。
そこらへんみんな見落としては
いやしないか?
いまは手元にないんで
正確なことは言えないけど
伝説の田山プロの一日の目標収支って
確か7~8千円だったような。
で、地道にこつこつそれを積み上げていく
みたいな。
なわけで
パチスロ4号機全盛時代の
一撃5万枚
つまり
「100万円」の時代
のほうが
悲惨な負け方してた人の数
多かったんじゃないかなあ。
いやほんと
いまは諭吉がどんどん消えていくけど
いざとなったら「5万枚モード」もあるし
とかいってさらに諭吉が消えていく
みたいな。
「一日の勝ちの目標額7~8千円」
って割り切っちゃえば
十分いけるんじゃないだろうか?
とかいって
お客様のみんながみんな
一日7~8千円勝つ
ってなっちゃうと
店はつぶれますw

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック