全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
オタク要素
人生いろいろ
人それぞれなわけであって
自分の場合は諸事情あって
今現在「実家」ってものがない。
で、前にも書いたかもしれないけど
もし「実家」があったとしたら
もう100%まちがいなく
「オタク」になってたと思う。
何故なら「凝り性」というか
ハマり癖みたいなのは間違いなくあるから。
「オタク」ってのとは意味が違うかもだけど
何度も書いたように
パチンコ、パチスロには死ぬほどハマった。
それとあとゲーム。
ファミコンからスーファミの時代だけど
ゲーム廃人か!
くらいにハマった。
ドラクエ、FFとか
に限らずプヨプヨ、桃鉄みたいなの全部。
つまり
陽水の「青空ひとりきり」の歌詞のように
「楽しいこと」は
なんでもやりたくなっちゃって
一度やりはじめたら
キリが無い
みたいなね。
ある意味
「欲望」にだらしがない
とも言える。

なので
家の者に
スーファミ本体を強制撤去されたとき
まあしかたないなあって
ある意味達観してたw

音楽なんかも
カセットテープにFM音源エアチェック
バリバリ全開世代なので
TDKのカセットテープのパッケージに
「字体」を
きちんとそろえて
何月何日どこの会場で演奏
そして演奏者名全員記名!
とかやってた。

それも「いまの自分」では
まったくもって
考えられない行為ではある。

なんというか
「自然の流れ」で
人生において
「断捨離」してたのかもしれない。

で、自分はほんとうに
それをしたかったのかどうかなのだが
そのへんは微妙だ。

立派な「オタク」になってもよかったような気もするし
でもべつにそんなのどうでもいい気がするし。

いずれにせよ
夏の日テレ風物詩
サマーウォーズ
のあの舞台のように
「実家に全員集合」ってことは
もうない。
実家がないから。

でもなくても
いいと思う。

あればあったで
そっちの方が
面倒な気がする。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック