全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
拉致被害には文句言うべき
さて、無党派なんで
解散を決めた安倍政権にも
あさっての方向から何を言ってくるか
予想不可能なトランプ政権にも
是々非々である。
ということは
安倍政権倒閣運動
にも
トランプ政権倒閣運動にも
加わる気は一切ない。
なにしろ
無記名秘密選挙という
人類史上最高の制度があるのに
なんで赤の他人から
踏み絵を踏まされる義理があるのか
まったくもってわからないわけだ。
それを踏まえたうえで言えば、
トランプが横田さんの件に触れたのは
その他酷いことを言ってたにせよ
一定の評価をするしかない。
というかいままでの政権は
なんだったんだ?
って話だ。
というかアメリカに限った話じゃなく
被害当事者の「日本国民」の
それも知識層、富裕層に
「拉致被害」に対し
冷笑的というか
シニカルというか
そうゆうことを「追及」する機運を
ほんとに嫌ってる風体の人達が
実は意外にたくさんいることに
2002年以来真面目に驚かされてるんだけど
一体どうゆうつもりで
大の大人がそんな言動をするのか
わからない。
「大人の事情」とか
そうゆう問題じゃないだろう
としか言い様がないのに。

北朝鮮国民の飢餓とか
そのような悲しい状態に対し
人道的支援をしよう
という行為や言動を否定するつもりはない。

ないが
「拉致」は
どこからどうみたって
非人道的な行為であり
それに対して何の文句も言わない
という選択肢が
本気である
と思ってる人達は一体なんなのか?

酒席で政治や宗教の話は
ソフィストケイテッドピープルの間では
御法度ってのが
「大人の常識」ってのはわかってはいるけど
やはり「アルコール」はいって
そうゆう話題になることも皆無ってことではなく
2002年以来何度か
「いやあでも拉致されちゃった人は
運が悪いと思って諦めたほうが
いいんだよね」
とかどうやら真面目に本気で言ってる風体の人に
複数以上遭遇したんだけど
ぶっちゃけ
おまえの血の色は何色だ!?
ってひいちゃいましたよ。

で、それと
「北とは戦うべき」
ってゆう
「好戦論」はべつものですからね。

そのへんはほんと
雑な感情論は排して
きっちり言うべきことは言うべき
と思う。

トランプ言ってることだから
安倍が言ってることだから

全て済ませようってのは
無党派是々非々論の者からすれば
ただの茶番だと思う。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック