全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
ビビってる場合ではない。
そんなわけで
ツイッターやライブ告知でも書いたように、
従来「おぐまゆきソロ」であったライブが、
おぐま本人の「声帯」の不調によって
ユニット「中前適時打」に変わってるところが
かなりあるわけです。

中前適時打
おぐまゆきソロ
辻タダオソロ
ではそれぞれ全く色合いが違うのでして、
例えば
「病気の山下洋輔に代わりまして
明田川荘之!」
ってゆうのとは
意味合いも全く違う。

本来、「おぐまゆきソロ」想定でいらっしゃった、
ライブハウスの店主の方々
あるいは「企画者」の方々に
申し訳ないんじゃないかなあ
とか
おぐまと連絡とりながら
多少はビビってたんすけど
私の感覚からすると
「あっという間」の早さで
「中前でOKになりました」
ってなりました。

ということなので
決まった以上は
ビビらず臆せず
ステージに立ちますよ。

以前にも書いたと思いますが
私自身も含め
おぐまに対し
「何でそんなに全国回れるんですか?」
って尋ねる人多い!
の件ですけど
それに関しては
物凄い魔法とか秘訣があるわけでもなく
地道な作業の積み重ねであり
で、これも以前に書いたように
「おぐまゆき」個人のノウハウなので
詳細は絶対に書きませんが、
やると言ったらやる的な
「決断」と
連絡やら諸々の手作業やらの
「事務処理」が
滅茶苦茶に速い!
ってことを
痛感させられました。

老眼で「タッチペン」使って
ヨタヨタと
スマホいじってる身としては
尊敬のまなざしで見上げる他ありません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック