全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
復活祈願しております。
第3位
バリエーション〈変奏曲〉 AKINA NAKAMORI SECOND(紙ジャケット仕様)
高校3年から社会人序盤、
つまりあの「事件」のときまで
中森明菜の全シングル全アルバムを
「発売日」に購入していたのだった。
したがって、
定番のヒットナンバーはほぼ全部まちがいなく
イントロからエンディングまで空で唄えるのである。
カラオケとかで唄うようになったのは最近なのだが、
(なんで「最近」なのかってゆうとそりゃ「恐れ多い」からですよ)
「女声」としては「低音」の領域の曲が多いので
それはつまり「男声としても届きそうな高音」的な側面もあり、
頑張ればなんとかなるかも、
ってゆうような微妙な音域なので
逆に異様な恍惚感があるわけだ。
ミ・アモーレとか
最後のあの盛り上がりのところ
なんとか「ギリギリ自分の地声の最高部」
で届くか届かないか
って感じなので
「他人がどう思うか」とか一切関係なしに
異様に気持ちがいいのである。
その次に気持ちいいのが
i missed the shockあたりかなあ。

いまやキャバクラ等の水商売における
スタンダードナンバーになっているdesireも
悪くはないけど
「自分で唄う」ってなった場合は
若干「苦しい」感じがある。
聞いてる分には名曲だと思うので、
「自分自身はフワフワフワとか合いの手いれる側に廻って、
女の人に唄ってもらう」パターンかな。
ははは。

それはさておき、
「著作権を気にせず使える」
便利な「アマゾンアフィリエイト画像」をご覧のとおり、
デビュー直後の中森明菜という人は
「ふっくら」感というか
「ぽっちゃり」感のある人だったのである。

わたし自身の「中森明菜衝撃体験」は
やはり「ぽっちゃりした見た目」&「野太い声」に
圧倒されまくった、ってゆうことなのだ。

「少女A」を生れて初めてブラウン管で見た時
「お茶の間」に居たのだが、
真面目にひっくり返りそうになった。
で、おれはこのような「お茶の間」に居ていいのだろうか?
とすら思わされた。
ほとんど「人生観が変わった」ってゆうような感じですよ。
マジで。

このレベルの衝撃感は
後にも先にも覚えた記憶がない。

なんとかパフォーマンスの現場最前線に
戻ってきてほしいと切に思う。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック