全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
凄いグルーブ感ですよ。これは。
第10位
カンディード 他五篇 (岩波文庫)
ってことで、
ビジネス最前線に配置されていたときは
まず身体が受け付けなかったであろうと思われるような類の本を
読みまくりなわけですが、
これにはビックリしました。

欧米のそれも過去の著作業の方々は
まず名前の区別をつけるところからスタートですからね。
ゴーゴリのつもりが
ゴーリキーだった、
とか平気であり得ますからね。

そんなわたしが何故ヴォルテールなのか?
についてなんですけど、
これは「フィガロの結婚」の作者であるところのボー・マルシェ
ってゆうこれまたフランス人の人がいまして、
その岩波文庫のフィガロの結婚の巻末解説において
ボー・マルシェの人となり
が紹介されていて
その内容がべらぼうに面白かったわけですよ。
とてつもない波乱万丈の人生なわけです。
それについてここで詳しく書くという愚を犯すつもりはございませんが、
ただ一点言わせてもらうと
このボー・マルシェという人が
ボー・マルシェから見て「先達」であるところの
ヴォルテールの「全集」作成に尽力した、と、
こう書いてあったのです。

でなんとなくインプットされてたので、
ふと本屋でこれが目に留まる、と。

これ「カンディード他5篇」ってなってまして、
カンディードは一番最後に収まってるんですけど、
なんかこう最初の5篇が、あたかも
上手いこと最後のカンディードまでつながっているように
思えるのです。
が、それはそれとして
カンディード本体は一体どのような話なのか
ってえと、
「若者が苦労を重ねて成長する話」ってゆうね。
これ以上はちょっとひかえておきますけどね。
ただまあその「苦労」の内容が凄いんですよ。
我々の住む「現代」と比べて
「個々人の命」の価値が異様に安く感じられる時代のお話ですからね。
そんなこんなで
艱難辛苦にあえぐ主人公カンディードの激闘の日々のめまぐるしさが
とてつもないグルーブ感で描かれていますよ、と。
甚だ遠回りかつおおざっぱな記述で恐れ入りますが
ま、とにかく
新品で1000円前後の現金を出して購入すべき類の本である、
と断言いたしましょう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック