全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
「またその話か!」4
「ああ、すみません、
さっき、神を見た、とか
そんなようなことをおっしゃいましたか?
聞き間違いならすみませんけど、
そうなんですか?
どうなんですか?」

カップルはキョトンとし、
瞬時に
「やばいの来たコレ」
「何?キモいってゆうかウザい」
ってゆうような表情をそれぞれ浮かべたので、
すかさず牧師(仮)は
「ごめんなさいね、えっと、
あなた方の会話のなかに、
高見沢さんのあの一発芸マジ凄い
ほとんど神!
というような内容があったように思うんですけど、
いかがでしょう。」
と牧師(仮)はたたみかけました。

ネクタイを頭にまいてる状態なので、
「冷静な判断」についてはどうなのか?
みたいなカップル男のほうは、
しかしながらそこそこ肝は据わっているようで、
牧師(仮)の声色や身体動作、
表情や体格などを鑑みるに、
ご機嫌を損ねたら即こめかみにマグナム
ってゆうようなことをするような人材ではなさそうだ、
と判断し、
きわめて平静を装い、
しかし
なめてもらっちゃ困る、
ってゆうような要素も残したトーンで
「あ、はい、高見沢さんマジで凄かったんで
ついつい神とか言っちゃいましたけど、
なんかまずかったっすか?」
と返します。
牧師(仮)はいくぶん厳かな声色で言いました。
「わたしは神に仕える者なので
よくわかるのですが、
その方はおそらく神ではないと思います。」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック