全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
さすがに今日は「和田の日」だったってことで。
5月3日
福岡
H3-0E
勝ち和田1勝
負け岩隈3勝1敗

いやもう
「立ち上がり」に失敗した岩隈が2点取られた時点で
「負け」覚悟しましたけど、
前回の福岡と逆の結果で、
いってこい、だった、と。
ただ我が軍にとっては
「3タテ」の恐怖の芽が出てきちゃいました・・・

それにしても
和田の出来が凄かったです。
この試合の前までの「凄かった岩隈」を上回る
壮絶好投でした。
ただ、我が軍の打線しょぼ過ぎ!!
ってのもありますけどね。
いずれにしても点取れる気がしませんでした・・・・

岩隈も
前回、前々回のようなピッチングを
毎度毎度それも「エース対決」で
ずっと持続できるかと言えば、
やはりそれはちょっと現実味に欠けるわけでして、
というより、
「鬼」のようなホークス打線を
「3点」で抑えたのは
「岩隈だからこそ」
と前向きに解釈します。

ま、とにかく、
さすがに「ずっとエース対決」ってゆうようなわけには
いかない、というか
実際交流戦とか始まれば
そのへんだんだんこなれてくると思うので、
岩隈に限らず、
各球団のエースのみなさんも
「淡々とこなせる登板機会」みたいなのがないとね。
いやほんと先は長いですから。

岩隈で落とし、
打線は相変わらずの貧打ぶり
ってことで
いまはあまり多くは望みません。
交流戦まで
5割プラスマイナス2くらいのレベルを
維持してくれれば御の字かと。

というか
この3連戦
「1勝」できれば
それだけでかなりデカい、と。

ほんとお願いします。
永井さん。
あと誰か打者の人。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック