全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
プロ野球ファンは人生の「山積みの課題」を残しておこう、と
大宮
L7-4E
勝ちグラマン2勝1敗1s
負けスパイアー1勝2敗7S
フェルナンデス8号
浅村4号

思わざるを得ない、
自軍にとっては「悲惨」な試合でして、
2点リードの9回裏に
2ランと3ラン喰らって沈んだ、と。

で、私は
浅村の打球をレフト中村が後ろ向いて
「見送ってる」姿勢を見た瞬間に
TVの電源切りまして、
先日述べた
「HDD本体の音楽ファイルとのリンク切れ」多発して、
その「リンク切れ」は治ったものの、
曲の並び、とか
が滅茶苦茶なままのitunesの整理に時間を費やし始めましたよ。
ほんと
「こんな時に滅茶苦茶なままのitunesがあってよかった。」と。
これなかったら、
星野監督じゃありませんけど、
目の前のちゃぶ台ひっくり返すところでしたね。

そんなわけなので、
「プロ野球ファン」たる者は、
なにもかも整理整頓が済んでいて、
理路整然とし、
不明な点は何もない快適空間で暮らしてはいけない、と。
やはり何かしらの「はけ口」は残しておこう、と。
そのようなことを強く思った試合でしたね。

ま、先発ヒメネス
で勝とう
ってのが虫が良すぎる、と言えば
それまでなんすけど、
でもほんとたまにはそうゆう「漁夫の利」的な勝利もないとなあ・・・・・

「谷間」で絶対に勝ってないような気がするなあ・・・・・・

というか
チャンスに
「よっしゃあおれの出番がキター」
って感じの打撃を敵軍でしょっちゅう見てるなあ・・
気のせいかなあ・・・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック