全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
いやほんとこれで「流れ」を変えてくださいね。
6月29日
仙台
E5×-4H
勝ち有銘1勝1S
負け馬原1勝2敗9S

延長10回表に
1点勝ち越された後の
「3時間半」を超えた10回裏2死無走者から
岩村の逆転サヨナラ2点タイムリー2ベースで勝ったわけです。
堅牢な自宅マンションのなかで
久々に飛び回れましたよ。
わはははは。

いやしかし
ほんと野球は怖いっすね。

10回表のホークスの「勝ち越し点」ですけど、
まず川崎の打席の2ストライク後の
「取れそうなファールチップ」を嶋が捕球できなかった、のと、
その川崎がヒットで出たあとの本多の打球が
「うおおお併殺コースの強いゴロキター!!!!!」
って思ったら
なんと「塁審」が死角になっちゃって松井が捕れず結局1死1,3塁に。
みたいな。
相変わらず球際に弱いわ運はないわで、
あっさり松中に勝ち越し犠飛を打たれる、と。
しかしここで1塁走者の本多の2塁へのタッチアップを
嶋が刺していたんですね。
でチェンジ。

で、あっさり馬原に2死とられた後の代打草野が
2ストライクと追い込まれてから
「ぼてぼての内野安打」
これが本多の所に飛んだんですけど、
「微妙にボールを握り直した」かなんかの間で
ギリギリセーフでした。
次の高須も追い込まれながらも
「きれいに1,2塁間を抜くヒット」で
2死ながら1,3塁。
で岩村の打球ですけど、
正直わたしも最初は「でかいレフトフライ」かな、と思いました。
でも「フェンス直撃」してたんですね。
いやほんとマジでよかったっす。

岩村、
ヒーローインタビューで、
「いやいや泣きませんよ」つってましたし、
監督も談話で「借りを返してもらわないとな」ってことのようなんで、
ほんと今後攻守に「3倍返し」でおねがいしたいところです。
岩村さんには。

ということで、
岩村うんぬんに限らず
やはり打線全体上向きにはなってきてるんで、
あとはほんと投手陣のさらなるふんばりに期待しましょう。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック