全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
マサヒロさんの「10勝目」ならずは痛かったが、
7月14日
仙台
延長12回引き分け
E0-0H
田中-ラズナー-青山
大隣-森福-ファルケンボーグ-馬原

どう考えても
自軍の方に「守備のミス」が多かったので、
「負けなくてよかった」とも言える。
ほんとマサヒロさん降板後の
11回12回は危なかった。

対してホークスは
「好守」の連発で、
この試合のイーグルスは「12回1安打」だったのだが、
実際は「5安打」でもおかしくなかった、くらいな印象だ。

特に9回裏の
鉄平のライトへの当たりを
中村に捕られたのがでかかった、
というか痛かった・・・・・
あれで「マサヒロさん10勝目」への期待が
かなりしぼんでしまった感じだった。
まあそれでも10回表まできっちり抑えきるのが
マサヒロさんの凄いところである。

それに対して自軍の方は、
8回に川崎の当たりをもぎ取って、
その後の送球動作も素早かった内村と
11回の無死1,2塁からの本多のバントの打球を
猛チャージしてサード封殺した草野

よかったのだが、
後はダメダメなプレーが
聖澤とかラズナーとか松井あたりに
次から次へと飛び出して、
これでほんとよく負けなかった、

そう思い込むことにしよう。

打線は、
「きょうのホークス投手陣は神がかり的によかった」
と割り切るほかはない。

「今季初先発」の大隣が
あわやノーヒッター
ってゆう投球なんで、
あの「戦力の厚さ」には素直に脱帽しておき、
CSの頃には
自軍もちょっとは近づけるように祈るしかない、
と。

なんかでもやっぱ
同じ凡退するにしても
もうちょっと割り切って
「振り切った」スイングできないのかなあ?

相手打線と自軍打線を見比べると
「彼我の差」を感じてしまう今日この頃なのであった。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック