全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
やっと「3タテ」とか「4連勝」とかキマシタ。
7月17日
仙台
E4×-3B
勝ち青山2勝3敗
負け岸田3勝5敗15S

ってことで、
肩痛から復帰の永井が
制球に苦しんだので
「長い」試合になりましたけど、
まあその永井も滅茶苦茶悪い感じではなかったんで
「着々と戦力が整ってきている」印象大でしたし、
ま、なんといってもこの試合は
内村と聖澤の「足」が効きましたね。
自軍の3点目と決勝点に関しては。
それぞれ犠飛と内野ゴロの間に
三塁から突っ込んだわけですが、
「普通にセーフ」になるところが凄い。
特に聖澤のは横川の打球がかなり浅かっただけに
あれで生還できるのは正に聖澤をおいて他にない!
って感じでした。

内村は浅いイニングで同点打も打ってますし、
二日連続お立ち台ってことで
ノリノリですけど、
やはりこうゆう感じの選手が出てくるってのは
チーム上昇には欠かせない要件なんで
万々歳ですね。

というか、
高須サード
内村セカンド
でオーダーを組む
ってのが
「ラズナー抑え」
に次ぐ
ベンチの「ヒット」なのかな、と。

でもこの試合は
「長時間の総力戦」だったんで
お立ち台の二人以外にも
渋い働きをした人がたくさんいて
よかったですよ。

永井が残した走者を一人だけ返されたけど
その後は抑えて、
相変わらず防御率0.00の山村とか
そこそこ悪くない働きだったんじゃないか、と。
有銘も良かったし、
ブルペン陣はだいぶ余裕出てきたかな、と。
スパイアー、サンチェスとか戻ってきたらどうするのか?

贅沢な悩み
って感じになってきましたね。

で、なんか
東京ドームあたりで
もしかして山崎も岩隈も戻ってくるかも?
みたいな噂もあるんで、
首位チーム相手でも気おくれせずに
戦えそうな予感漂ってるし、
水道橋に「現場参戦」するかどうか
思案中でございます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック