全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
2日続けてヒヤヒヤものでした。
8月31日
岩手
E4-3L
勝ち井坂2勝3敗
負け菊池3勝1敗
S ラズナー3勝4敗10S
山崎10号

地元凱旋の菊池に「完投」されたわけですが、
ほんと山崎の3ラン
とその次のイニングの高須のポテンタイムリー
の場面以外は、
けっこうスイスイ投げられてまして、
終盤になると球威も増してたりとかして、
辛うじて勝ったからいいものの、
今後の対戦もちょっと警戒しないとなあ、
と思いました。

自軍の継投ですが、
井坂あと1イニングくらいいっても
よかったような気もしますが、
まあ「型」を崩したくなかったんですかね。
で、最初に出た山村が3連打で自責3ってことで
「楽勝」ムードが消し飛んだわけですが、
その後よくしのぎましたよ。
ほんと。
ってことで、
「継投策で誰かひとりが不調」ってゆう状況を
なんとかきりぬけた形ですから、
まあ「経験値があがった」と前向きに解釈します。

終盤はほんと、
いきなりフェルナンデスが攻守に渡って
急に冴えた動きになって、
8回の自軍ピンチで「ここでまたフェルナンデスかあああ」
ってゆう状況だったんですけど、
物凄いピッチャーライナーで併殺、と。
正直「ツイてた」ってゆう感じです。

最終回の最後のライトフライで一塁走者飛び出して併殺、
の場面も
「牧田の取れる範囲内に飛んでくれてラッキー」
でした。

つまり井坂降板後、
ライオンズ打線の「物凄い圧力」に
押されまくってたのです。
なんか「井坂でなけりゃ誰でも来い」状態
みたいなね。

切り抜けられたのは
「運」の要素がかなり強かったように思います。

ま、でも勝ちは勝ちなんで。

ほんと「勝ちに不思議の勝ちあり」でした。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック