全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生涯一東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。
紅白や年末年始の時間の変化。
さて、昨日は
八王子びー玉の「ドラフト会議」に出て
自分でチーム編成して
パワプロで「対戦」して
初戦で負けたんだけど
ま、とにかくエンタテイメントな時間だった。
うまいこと説明のしようがないんだけど
なんだかおもしろい
としか言い様がない、
ってゆうね。

最近はあまりやってないけど
相方のおぐまも
「漫画を語る会」とか企画主催してたけど
これも説明のしようがないエンタテイメントだったし
昨晩のドラフト会議の主催者は
中前適時打のテーマの作者MIZOROCK。
いったいどうゆう企画なのか?は
相方おぐまのブログ

同企画の出場回数ではベテランの
Masaki Joeのブログ
を参照されたし。

みんなほんとに
前例はないけど
なんか面白そうだからやってみる
ということには
つくづく長けた人達だよなあ
と毎回感心する。

で、それはそれとして
ツイッターでもちょっと書いたけど
「箱根駅伝」に詳しくない。

詳しくないのは
盆暮れ正月全部出勤
ってゆう業界にいたから。
単純にそれだけ。
そのことになんのうらみつらみもない。

紅白とかガキ使とかであれば
録画しておいて
仕事落ち着いてから見る
ってのも
大晦日三が日全部仕事
の頃からやってたような気がするけど
箱根駅伝じゃあさすがにそこまでする気に
ならないでしょう。
普通に考えて。

駅伝うんぬんはともかくとして
ここ数年は
録り貯めた年末年始番組に関して
紅白、ガキ使等のド定番に限らず
「チェック」視聴も
全部が全部じゃなくなってきて
ほんとSNSのタイムラインの
「評判」だけ見て
「見た気になって」
おしまい。
ってなってきてる。

で「都と美空言い間違い」レベルの
大事件があったら教えてくれよ
ってゆう対応なんだけど
どうやら今回はそれはなかったようですね。
何よりでございます。

でまあ紅白に関しては
「これは」という幾人かの歌手のみなさんのものは
なんとかあれこれ見ましたし
ガキ使もまあなんとかあれこれ見ましたが
いろいろとめんどくさいので
感想はあれこれ述べません。
音楽ってのはちょっとした趣味の違いが
あっと言う間に国際紛争になりかねない
火種の宝庫ですからね。
皆様のご家庭でも身に覚えがあるでしょうw

あ、ただちょっと。
たしかに紅白にはこれまで
ああだこうだ
と文句言ってきました。
ええそりゃもう。
なんですけど
「オファー」あったら出ます。
一応わたしはそうゆう者ですw
実際、会社員の頃に
従業員全員「今年の抱負」を貼り出せ
ってゆう指令があった時に
「紅白出場」って書いて事務所のタイムカードの
ラックの上あたり、誰にでも目に留まる位置に
貼ってたことありましたしw
まあ、そうゆうことだから「出世」
しなかったんでしょうけどw

で、年末に江古田マーキーの
「年忘れフォークジャンボリー」に出演した際に
自分が1992年からマーキーに出始めてるから
「四半世紀」を過ぎたってのが
司会進行上の流れで俎上に上り
日本シリーズは西武ーヤクルトだった
だとかなんだとか1992年ってものに
やや光があたる時間があったのですが
客席から「生まれてないです」ってゆう若い女性の声がして
ちょっと眩暈がしてきたんですけど
その流れでいうとその人は
「二部制になる前の紅白歌合戦」も
全然知らないってことなんですよね。
生まれてからこのかたずーっと
「紅白は19時台に始まる」のを「常識」としてきた、
と。
自分のマーキー歴うんぬんよりは
そっちにあらためて驚くわけですよ。
ググって調べてみたら
紅白二部制開始は1989年ですからね。
わたしの「常識」では
紅白は「21時開始」なわけです。
なんでかってえと
就職したのが1989年だったから。
そこから「盆暮れ正月休みナシ」生活が始まった、と。
偶然にも。

でVHS録画からHDD録画に変わった
というテクノロジーの変遷はあったものの
基本、紅白は「早回し再生」チェックでして
その都度、
「21時開始で23時45分終了」であれば
じっくり再生してみるのも一考だけど
19時半~23時45分じゃ長いよなあ
ってゆうね。
でもいまや
そちらが「常識」というか
その「体制」しかしらない人もいるってゆう
そのことに驚きます。
ほんとマジで。

視聴者側からしてみりゃ
長すぎるのはどうなの?
ってのはあるんでしょうけど
職場事務所の壁の「今年の抱負」に
「紅白出場」と書いた身としては
このまま長くてもOKですw
チェックは今後も「早回し」のみですが。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック